いちいち可愛い。 vol,3


さてこれはなんでしょーか。

正解はインターホン隠しです。
可愛いの天敵、家電ぽいツルツルしたもの。
隠したーいとのご要望で、造りました。
おうちの玄関ドアと同じデザイン、という
懲りようです。




壁にガラスを建て込むことをよくやります。
黒いアイアンの枠にアンティークガラスは定番ですが可愛いといえばこんな感じ。
白い格子の木枠に
レトロなお花の模様のフローラガラス。




私はあまりカーテンバランスはやらないのですが
たまにはご提案します(笑)
種類の異なる赤いチェックに
光沢のある赤を組合せ。
アメリカンカントリーなカーテンデザイン。
クラーク&クラークのファブリック。



造作家具も可愛いデザインで。
まあるいアーチ型のひきだし。
ピンクのハートの取っ手。
ラブリーな完全オリジナルのテレビボード。




ディズニーランドとか行くのはニガテですが
ミッキーマウスに罪はないwww
ご要望があればご提案します。
ちょっと、控え目で……



本日はネタぎれにつき
こってこて可愛いシリーズでした。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ナチュラルいろ。


マルミのおうちのドアは
無塗装の木製ドアを現場で塗装しています。
なので世界にひとつだけの
お客様のお好みの色のドアになります。
どんな色がいいでしょうか?と聞くと
たいていは
うーんわからないし、なんかコワイから
選んでください、と言われますが笑

色を決める時は
3原色がどーだとか反対色がどーのとか、
今年の流行色がどーのとか
あまりむずかしーことは考えません。
お客様が望んでいて
その空間に似合う色だけを想像します。
理論的ではないかもしれないけど
「なんか可愛い」「なんかヘン」という
どうにも説明できない感覚を
いちばん大事にするのが
私的やりかたなのかもしれません。

画像は
同じデザインの同じドアを
爽やかなホワイトと
ライラックいろのピンクに
塗装しました。
同じドアでも色が違うだけで
イメージが変わります。
あ、ついでに
ドアの前にあるレトロな子供イスも
鉄部をブルーに塗装しちゃいました☆
(どんだけ塗装好きなんだー)

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

究極シンプル。


左官の壁に真鍮の裸電球、ひとつ。
コテむらがぼんやり浮かび上がって
あかりが天井に影をつくる。

なんの飾り気もなくて
そっけないほど究極シンプル。
じつはこんな雰囲気が
いちばん好きだったりします。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

フレンチシックなカーテンスタイル。


「窓にシャッターがあるから
ドレープカーテンはいりません」
って言われることがよくあります。
たしかに、いらないでしょう(笑)
でもフレンチシックな空間には
レースカーテン1枚ペランだけじゃさみしいし
安価な刺繍プリントのレース生地は好きじゃない。
そんなときは
ひだをたっぷりとったボイルレースを
2枚重ねて縫製してもらって
ボリューム感をもたせてふんわりレースにします。
お安めのもの生地を選んでも貧相にならず
ふわりとやわらかいイメージになります。


ざらりとした白い左官の壁、
つるりとした白い鏡板、
ふわふわの白いレースカーテン。
洋書でよくみるような
白に白を重ねるコーディネートが好きです。
白は奥深い色。
ひとことで白といっても質感や素材感で違う。
微妙な色味で印象がまったく変わる。
WHITE ON WHITE
白は無難な色だけど
いちばん難しい色。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

アンティーク&アンティーク。


フランスアンティークのシャンデリア。
甘すぎず渋すぎずゴージャスすぎずで
ひとめぼれした一品。

窓辺には
ホンモノの流木をレールにして
ドレスの裾を両手でつまみあげたみたいに
アンティークレースを広げてひらり。


アンティークって
なんでこれにした?とか
どこが気に入った?とかって説明できない。
これだっ!て感じたまんまのインスピレーション。
さりげなーく
アンティーク&アンティークの
コーディネートです。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

輸入クロス。


左右にトイレと収納のドアのある
奥まった3尺の小さな壁。
そこへ
本棚のフェイク柄の輸入クロスを貼りました。
輸入クロスは高いけど
これくらいの面積ならコスト的にもイケる。
あまりフェイククロスとか使わないんだけど
貼る位置によってはおもしろい。


リビングにある
黒のアンティーク塗装を施したドア。
そこを開けると…


じゃじゃーん
空間の奥行きが3Dになって
まるで本物の本棚にみえるのでしたー(笑)

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

リネンのシェード。

ふわぁ〜っとか
ひらぁ〜っとか
さらぁ〜っとか
てろぉ〜っとか
くたぁ〜っとか
なんのこっちゃですが
カーテンのコーディネートスタイルのことです(笑)
私はそういう言葉のイメージの
ラフでルーズなスタイルが好きなのです。
なので、生地を使ったメカもののシェードをご提案するのが少ないかも。
でも、
すこし甘さを押さえたいとか
すっきりしたいときはシェードをご提案してます。



抹茶色のアクセントクロスに合わせて
淡いブラウンのストライプの生地は100%リネン。
シェードに仕立ててもほんのり柔らかいイメージ。


深いブルーのアクセントクロスには
紺色のストライプ、同じくリネン100%。
ぐっと締まったお部屋になりました。


画像は同じ大きさ、同じ間取りの対のお部屋。
カラーコーディネートの違いで
まったく異なるイメージがつくれるのです。
おもしろいねー

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

可愛いニッチ。


壁厚を利用してつくる飾り棚、ニッチといいます。
ニッチが欲しいってご要望、結構多いです。

私は小さい可愛いニッチが好きです。
高さのある大きいニッチはディスプレイが難しい。
なにせ、10センチほどの幅しかありませんから
置けるものはかぎられるし
バランスを考えて高さのあるものを探さなければならないし。
ちょこん、と置ける小さい可愛いニッチがオススメです。


画像は曲線のまぁるい壁に造作した玄関のちいさなニッチ。
なんでも絵になる飾りやすいニッチです☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

フレンチシックなトイレ。


オトナのフレンチスタイルの可愛いトイレが完成。
女性の来客の多いおうちなので
可愛いトイレにしたいとのご希望により
こーんな素敵なトイレになりましたよ。

モールディングをほどこしたドアは
デザインからおこしたオーダー建具。
優しいグレイに塗装してフランス製のドアノブをあわせました。
鍵は真鍮の表示錠。
トイレ正面の壁だけ廻りより濃い色のグレーのクロス。
他はホワイト&グレイの世界観で統一しています。

タンクレスの便器も手洗もぴっかぴか。
インテリアの基本のき、
お掃除が隅々までいきとどいて気持ちがいい。
トイレの画像はあまりブログにあげない主義なのですが
すっごく清潔感にあふれて可愛いのであげてみましたー。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

リネンのある暮らし。


私がご提案するカーテンプランの8割くらいはリネン生地です。
自然素材をたっぷり使ったマルミのおうちなのと
ナチュラルなテイストがお好きな施主様が多いという理由。
あとは
私がリネンが好きだから、という理由です(笑)

無垢の床に珪藻土の塗り壁のおうちには
リネンがものすごーくよく似合います。
相性ぴったりとはこのことだな、ってくらい映えます。

ナチュラルスタイルのインテリアは
アースカラーと無彩色でまとめることが多いのですが
リネンのカーテンでアクセントカラーをプラスすると
しっくりと馴染んで浮くことがありません。

画像は、はきだし窓のカーテンに
藍色のリネンカーテンをコーディネートしました。
空間がぐっ絞まって見える効果があります。


さてさて。
迷走台風接近中。
低気圧症の身にはツラい季節。
ぐぉーんとなる耳鳴りに気持ちがめげるめげる。
乗り物酔い止めの薬が効くらしいと聞いて
早速試してみる…がよく効果わかんないし。
迷走してないで早くどっかいってー

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

流木カーテンレール。


カーテンレール代りの流木に
アンティークレースをひっかけただけの
お得意のスタイル。
流木はそのへんで拾ってきたわけではありません、
流木アートを造る材料サイトで購入してます(笑)



さてさて。

数年1回はやってしまうぎっくり腰は
なんの前触れもなくやってきて
まる2日程寝て過ごしました。
いやー寝ても寝ても眠れる、
金縛りになるまで寝る(笑)
どんだけ疲れてんだ、ってはなし。
おかげさまでたっぷり睡眠をとりました。
少し、休養しなさいという
メッセージかもしれません。

しかーし
動いていないと気持ちは滅入る。
常に動いていないとダメになる
マグロ的回遊魚な私。
ぎっくりしない程度に本日から頑張ります。
ご心配いただいて
メールやインスタやラインにご連絡くださった皆様
本当にありがとうございました!!!
感謝☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

おもいつき。


ほとんど思いつきとシャレでやった
カーテンと呼べるかわかんない
窓辺のデザイン@前モデルハウス。
レースと青い小花柄のプリント生地を
テキトーな巾でランダムに縫いあわせて
クリップでつまんで麻紐で吊っただけー。
そしたらこれが好評で
おんなじにして欲しいとよく言われる。
おんなじ…といわれましても
ほとんどひらめきのまんまなんも考えず造ったので
うーむ…となる(笑)


私はカーテンやさんじゃないから
カーテン単体でコーディネートを考えない。
家、部屋、すべてトータルで窓辺を考える。
いくらカーテンだけが立派だって
その空間にそぐわなかったらだいなしー。
お部屋全体を俯瞰で見て
トータルでコーディネートできるのがプロだと思う。


清潔感のある白いタイル
窓上に無垢材の飾り棚。
棚の上にはわさっと無造作にドライフラワー。
そして
南向きのキッチンの窓には
やわらかく風になびくカーテン。
木漏れ日がやさしく透けて
ナチュラルスタイルの窓辺。
そんなイメージで造った窓辺のデザインです☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

家具やさん。



大阪の家具やさんTRUCKの椅子とサイドテーブル。
どれもこれもめちゃくちゃカッコいい。
が、かなりいいお値段。
納品3ヶ月待ちはあたりまえ。
“手っ取り早く古材は使わない、
新しい木を使ってその人の色になっていく”
というのが
TRUCKの理想とする家具だそうだ。




子供の頃から家具やさんが好きでした。
IKEAもニトリもなかった時代。
インテリアショップではなく、家具やさん。
町の小さな家具やさんは
ところ狭しと乱雑に
いろんな家具が積みあがっていました。
大規模店舗の家具やさんは
がらーんとしていて、広くて静かで、
かくれんぼには最適な場所でした。
どちらも、たいがいお客さんはいなくて
ひっそりとして、活気はなくて
閑散としていた記憶があります。


平日の昼間の
ガラガラに空いている郊外型の大型家具やさんとか
IKEAのただっぴろい倉庫スペースとか行くと
子供の頃行った家具やさんの記憶がよみがえってきて
空気感というか
デジャブというか
なつかしく感じて
実は結構あの空虚な雰囲気が
好きだったりします。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

窓にウエディングベール。


吹抜けの大きなFIX窓。
施主様と、カーテン、どうしようかねーって
レースをさらりとふわりとかけたいねーって話してたら
結婚式のときに使った奥様のウエディングベールがあるという。
それそれ!!ってことで
得意のちょい加工してカーテンの代わりになりました。



アンティークシャンデリアとの相性もぴったりで
まるで教会のような窓辺に。
クロゼットの奥で眠っていた想い出のウエディングベールが
新居を素敵に飾ってくれました。


窓辺のコーディネーションは
かっちりカーテン!と決めつけないで
いろんな発想と想像力とアイディアで
もっともっと素敵な窓辺が演出できると
私は思っています。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

ムーミン。


ナチュラル、フレンチ、北欧…
何が違うんですかーって
たまに聞かれるんだけど
マルミのお客様は
よくばりな方が多いようで
どっちも好きなので、上手い具合にMIXしてくださーい
という注文がおおいです(笑)

IKEAなど北欧スタイルの家具は
国産の住宅建材にも無難に馴染むし
和室との相性もとってもよくて
お値段もお手ごろなのがたくさんあるので
比較的チャレンジしやすい
インテリアテイストだと思います。
ただシンプルにしすぎると
なんか寂しくて、ごくフツーの感じになりますので
アクセントカラーを上手に使うことが
ポイントかもしれません。


さてさて
北欧好きはムーミン好き
(個人的感想です)
画像はシンプル+かわいい造作洗面台。
奥様が大好きなムーミンの施主支給タイル。
同じ大きさのモザイクタイルをチョイスして
ポイントで混ぜてみましたー。

ああ
そんなあれこれがまた楽しい
注文住宅の世界。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ルーズな窓辺。


窓辺には
柔らかい布をいちまい
さらりと
ふんわりと
さりげなく。
私のいちばん好きなスタイル。


ルーズでラフな窓辺はすごく魅了的。
まるで
洋書のなかのいちページみたい。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

風のみち。


夕暮れのキッチン。
西に傾きかけたさみしげな夕陽と
さらりと風にたなびくカーテンの風景。




窓のいちばんのお役目は
光と風を通すこと。
窓は大切な光と風のみち。

それを邪魔する
ステージのどん帳みたいな
カーテンという名の重厚な布のかたまり。
取り付けたら最後
ぴくりとも動かないでっかくて重い
バランスのひだなんかを見ていると
息が苦しくなる。
私は窓をゴテゴテと飾るのが好きじゃないのです。


窓辺のコーディネートは光と風と生地とのコラボレーション。
柔らかく抜け感のある飾らないラフな窓辺に
いちばん魅力を感じてしまう。
おそらくこれは
ラフな私の性格が
反映されるているのでしょうwww

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

造作家具デザイン。

ポーセラーツ&クレイサロンのあるおうち、
東京都S様邸は先週無事お引渡しでした。
サロンの造作家具を一部ご紹介〜


建物の形状に沿って収納+手洗いボウルを埋め込んだ造作デザインです。



施主様のおばあさまが大切にお使いになっていた足踏みミシン。
天板をはずして、意匠として家具の足に使用しました。
グレイに塗装して、生まれ変わった想い出の品。



天板には無垢の床板を貼っています。
木目を残したホワイトで塗装。


建物が特殊な形状の場合、なかなかぴたっとくる
置き家具を探すのは難しい。
そんな時はオーダー家具の造作家具がオススメです。

とっても素敵なフレンチシックなサロンができました☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

フレンチグレイの壁。


品のある淡いグレイは
フレンチシックなインテリアによく似合います。
クロスを白ではなくグレイにするだけで
ぐっとシックで大人のフレンチシックスタイルになります。
本日の画像は
フランスアンティークの建具を
吹き抜けに続く寝室の壁に埋め込みました。
シャビーなシャンデリアをのぞむ
絵になる壁面が出来上がりました。


こちらもワントーン明るめのパールグレイの壁紙。
コットンレースや、ベビーピンクなどの
甘めのファブリックやカラーとの相性が
意外とよいのがグレイです。
ピンクやレースが子供っぽくならず
可憐な大人スタイルが完成します。



白、黒、グレイ。
やっぱり私は無彩色が好きだなぁ。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

きらきら。


きらきらひかる小ぶりなペンダントライト。
ひかえめな可愛らしさ。


歳を重ねると
ダイアモンドとか
きらきらひかる大きな宝石とか
身に着けるのがいい、と何かの本で読みました。
それも、ある程度大きさのあるものを。
なぜなら
肌や髪の輝きが減っていく分を
人工的に補ってあげる必要があるからだそうだー(笑)


インテリアも同じで
素朴でシャビーシックなテイストの中に
きらきら光るシャンデリアを取り入れるのは
もはやテッパンのコーディネートですが
私も大好きな魅せ方です。
ゴージャスなおへやのシャンデリアもそりゃ素敵ですが
シャビーでアンティークなおへやの中に
きらきらと輝くシャンデリアがあると
シンプルなお部屋がとたんに輝きを増します。


足し算と引き算。
甘めと辛めMIXコーデ。
ファッションとインテリアは
どこか似てるなーと
いつも思うのであります。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

白と黒のアイアンてすり。


モデルハウスの階段吹き抜け。
アイアンのてすりはデザインしてオーダー製作したもの。
豪華でごてごてしたアイアンでなくて
太くごつごつしたアイアンではなくて
できるかぎり線を細く、
華奢で上品なイメージで造ったもの。
塗装は白に汚しのアンティーク塗装。


こちらは、モデルハウスのアイアン手摺を気に入ってくださって
同じデザインで造ったお客様のおうち。
塗装は黒、空間がぐっと引き締まります。
どちらもほぼ同じデザインですが
色が違うだけでイメージが全然変わります。



お部屋のイメージにあわせて塗装色を変えたのですが
どちらも世界でひとつだけの、デザインオーダー品です。
アイアンてすりは比較的高額商品ですが
その分の満足感は大きいようです。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ナチュラルな吹き抜け。


吹き抜けが欲しい、というご要望は多いです。
ですが
平面図上だけで吹き抜けを単体として考えると
天井に空いた単なる穴になったりする(笑)


上下階のつながりが重要な吹き抜けは
どことどこがつながって
どこの壁があらわしになって
どこから採光があって
天井をどういう仕上げにするか。
それらを理解することによってはじめて
吹き抜けの醍醐味を味わうことができます。


画像の吹き抜けは白を基調にして
勾配天井を生かした吹き抜けに羽目板を貼り
アンティークのシャンデリアとシーリングファン。
ダイナミックかつ
上品なナチュラルテイストの吹き抜けです☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

暮らしをたのしむディスプレイ。


インテリア小物のディスプレイはたのしい。
構造やら法規やら納まりやら難しいこと考えず
ただ、単純に楽しめるおしごと。
プロのインテリアコーディネーターでもあるので
ディスプレイのセオリーは勉強してますが
んな小難しいことはほとんど考えません。
ナチュラルに、自然体がいちばん素敵だとおもうから。


おきにいりの雑貨や小物が
毎日の暮らしの中を彩る楽しみになるように
日常にほんのり灯る小さな喜びになるように
モデルハウスでは
そういう演出を魅せられたらいいなと思って
雑貨たちをディスプレイをしています。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

洋書みたいなカーテンPART2。


本日ネタ切れにつき(笑)
カーテンのコーディネートPART2、子供部屋編。
こちらは大人気のバレエシューズ柄の輸入生地。
文句なく、めちゃくちゃ可愛いんだけど
ピンクの色味と柄のインパクトが
強すぎるんだよなぁと感じて
同メーカーのレースとの切り替えにしましたー。



切り替え部分にはキャンディーみたいなぽんぽんフリンジをつけて
ますます可愛さアップ☆
輸入生地はやはりイギリスのハーレクイーンのものです。


こちらはモデルハウスの子供部屋の窓に
コーディネートしたカーテンのデザインですが
同じようなのをいくつも納めました。
娘のお部屋は洋書みたいなガーリーな空間にしたい、
というのはママの夢なんでしょう。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

輸入クロス特集。


アメリカンカントリーなお部屋に輸入壁紙を貼りました、の画。


壁紙を選ぶのって楽しいですね。
建築の仕事に足を突っこんだとき
初めて任されたのが建売住宅の壁紙を選ぶことでした。
量産クロスのカタログのページを何度も何度もめくって
どきどきしながら選んだときのことを思い出します。

で、本日輸入クロス画像特集。

昨今大流行の輸入壁紙。
色柄が大胆で、豊富。
国産品にはみられないようなものがたくさんあって楽しい。
ただ
施工難易度はとっても高いのでクロスやさん泣かせ。
自分で貼ろう!と宣伝されてますが
これは初心者的DIYでは結構大変なんじゃないか…と
施工者側的にはおもいます。



本棚のだまし絵クロスを階段ホールに。
ハリーポッター風の世界。


モロカンフレンチの部屋には
あえて無彩色のグレーのモロッコ調クロス。
なかなか国産ではだせない雰囲気。


廊下のいちばん奥の壁にアクセントで
イギリスのキャスキッドソンの花柄クロス。


北欧のイメージのお部屋には
深いブルーの幾何学模様のクロス。


こっちも北欧カラーのインパクトのあるイエロー。


これぐらいでどーだ(笑)
ずっとブログさぼってたので
出血大サービス画像です☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

長靴あひるのカーテン。

将来仕切り壁を入れる予定の子供部屋の窓辺のコーディネート。


女の子側のお部屋の窓。
Clarke & Clarkeの「STORY BOOK」より。
長靴をはいたアヒルの刺繍が超かわいいったら。
プリントではなく、カメリアピンクの糸で刺繍されています。



男の子側のお部屋の窓。
同じくClarke & Clarkeより。
白地にさわやかなブルーのヨット柄の生地。
同シリーズで青地に白ヨットもあるけど私は断然こっちが好きー。




もーんくなく可愛い生地をベースにして
それぞれカタチを変えたチェック地のバランスなんかつけて
ぼんぼんトリムとぴんくリボンをあしらってみました。
クロスは細かいブルーのチェック柄と
ピンクの小さいドット柄を突きつけ施工。

らぶりー☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

アンティークをコーディネートする。


ヴィンテージショップで購入した古いトランク、from USA。
この模様に惚れたーいかつい鉄の金物も好き。

で、コーヒーテーブルがわりにリビングのど真ん中にどん。







アンティークのアイアンのフェンス、from England。
もともと白かったけど
淡いブルーにべたべたアンティーク風塗装をほどこしました。

で、モロカンフレンチのコーディネート小物にさりげなーく置く。







古道具やさんで泣き落としてまけてもらった時代箪笥、from JAPAN。
どうしてもどーしても欲しかった。

異邦人な和室の主役に絶対必要だったんだもん。





というかんじで
アンティークは大胆かつさりげなく
コーディネートにとり入れるのが私流です。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ゴシック&ロリータ。


ゴシック&ロリータ、通称ゴスロリ。
姫系インテリアの中で異彩を放つ独特な雰囲気。
黒をベースに艶っぽい赤や紫、ゴールドをプラスして
きらきらのシャンデリアを組み合わせた
怪しげで、魅惑的なインテリアテイストです。
越谷市I様邸はゴスロリな水廻りとなりましたー。


洗面所は赤いアクセントクロス。
床はタイル調のクッションフロア使用。


ゴールドの照明器具が映えます。
こちらのコーディネートはすべて国産のもの。
お高い輸入クロス等は使っていません。
最近の国産メーカーの内装材は色柄も豊富になりました。
一昔前は、正直、
ええ〜ってカンジで、
うう〜って思って
ほえ〜ってなったけど
最近は色も柄も増えたし、発色もキレイで
おもしろいかも〜ってのもたくさん出てきました☆


さて
ゴシック&ロリータといえばファッション。
すごく可愛いと思うー。
でも私が今ゴスロリファッションに身を包んだら
白雪姫の継母の仮装になっちゃうから
アナスイの小物くらいにしとくかね(笑)

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

北欧スタイル@トイレ。

ご依頼のインテリアテイストの半分くらいが
ナチュラルフレンチスタイルなんですが
北欧スタイルも好きなんですーっていう方も多い。
北欧インテリアは和との相性がとってもいい。


棚板は和風にみみ付の無垢板って造る。
タオル掛けはスクエア型のアイアン製品。


ペーペーホルダーも荒い板材を使った
シンプルなもの。


アクセントクロスは輸入壁紙のWALPA、Makelikeの Zig Zag使用。
北欧の森の中のイメージ。
床は足触りの優しいコルクタイル。


ペーパーホルダーとかタオル掛けに
無機質な水廻りメーカーのものを使うことは
ほぼありません。
トイレの内装のイメージにあったものを使います。
トイレという小さな空間ですが
大胆にコーディネートを楽しめる場所です。
ちなみに便器の色ですが
私は絶対白派です(笑)

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

わんこ部屋@ナチュラルスタイル。

新築時愛犬のお部屋をリビングの一角に造るご注文が増えています。


THEナチュラルスタイルの白いかわいいおうちは流山M様邸。
おうちのイメージにあわせて、
わんこのお部屋もコーディネート。
愛犬の腰に優しい床材と、ニオイを吸着するエコカラットを貼りました。
フェンスもミルク色のアルミフェンスを特注で造りました。
白い可愛い格子の室内窓からは玄関ホールが見えるので
飼い主さんが帰宅したのをすぐ発見(?)できます。



和レトロ+北欧インテリアの越谷市O様邸。
ボーダーコリーの男の子のお部屋。
個性的で昭和レトロなタイルを床と壁に施工。
ペンダントライトは倉敷意匠のもの。
玄関につながっているわんこ部屋、お散歩もらくらく。
ブラックの枠の室内建具はオーダーデザイン。
アンティークガラスをいれました。

わんこのおもちゃ棚もデザインして造るこだわり(笑)



各インテリアにあったわんこのお部屋。
飼い主さんの愛犬への愛情は我が子への愛情とおなじ。
飼い主さんの愛情があふれる
わんこの居心地のよいおへやになりました☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

隠し技。


モデルハウスの玄関の壁に
アメリカンスイッチと並ぶ謎のティンボックス。



なにがでるかというと…



じゃーん
インターホンの子機がでました〜
ナチュラルなお部屋に似合わないものは
徹底的に見せたくないのだー。



んで
雑貨やさんで2000円くらいで購入した
ティンボックスの裏側をくりぬいて壁にON。
とっても簡単だしなんせ安上がり(笑)
麻ヒモでかわいい鍵なんかぶらさげてみたりして
お得意の小細工、いっちょあがり☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

おきにいり。


クラーク&クラーク「CLARISSE&STRIPES」の輸入生地を
使って可愛いすぎるカーテンをつくりました。
ボリュームがあり、しっかりとしたコットン100%の
ギンガムチェック生地。
タッセルにフリルをつけたり、バイヤスで縁取りしたり。
「このカーテンの小細工したのは森さんだな…」
と、ご主人に言い当てられる(笑)


こっちもクラーク&クラークの生地、
「GENEVIEVE GENEVIEVE OLD ROSE」。
オールドエレガントな薔薇柄は
フレンチシックなインテリアに
とてもよく似合います。


ナチュラルテイストのリビングには
深い青のチェックのシンプルなカーテン。
腰窓ですがドレープは天井から床まで覆います。
レースは枠内にカフェ風。
これもやっぱり、クラーク&クラークの生地だー。


イギリスのクラーク&クラークの生地。
いつもなんとなく選んで提案してしまうから
どうやら私のおきにいりらしい。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ベビーピンクのキッチン。


流山市M様邸のキッチンは
2列型アイランドの対面キッチンです。
面材は奥様こだわりの優しいベビーピンク。
床は甘くなりすぎないようにグレーベージュのタイルです。
白いモザイクタイルのカウンターと
コーラーの陶器シンク。



“家を建てたらぜったいつけたかった!”
というハンギングラック。
カトラリーやお気に入りの雑貨を吊り下げて使います。


可愛い雑貨が大好きな奥様が
毎日キッチンに立つのが楽しくなるような
可愛くて、ナチュラルな
ベビーピンクのキッチン☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

甘すぎないナチュラルテイスト。


最近はナチュラルテイストに
ちょっとファクトリーちっくなテイストを
MIXさせることが多くなってきました。
自然な素材を生かしてラフに仕上げるという点で
もともと相性がいいテイスト同士。
甘すぎないナチュラルインテリアに仕上がります。



シンプルな裸電球だけのエジソンランプは
とても人気があります。
シャンデリアのように器具で魅せるのではなく
電球の放つ光自体の美しさを楽しめる
素朴でなつかしい照明器具です。
ナチュラルにも、レトロにも、ファクトリーにも
どんなテイストでもあっさり受け入れる。
このこは懐が深い。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ブリックタイルのデザイン。


「目地はぶちゅーっとね、ぶちゅーだよ」
「おう、わかってらい」
ナチュラリノベ中のマンションのリビングの壁。
職人さんがブリックタイル貼っています。
こちらは赤レンガ倉庫みたいな、
赤みが強い商品をチョイス。
いままで、もう、どんだけ使ったでしょう、ブリックタイル。
白ブリックタイルは
ナチュラルインテリアにぴったんこ。



こちらは階段ホールの壁。
段々にして、穴をあけて、タイルを貼ったデザイン。
左官を少し塗りこんで、壁から自然に浮き出たようにしました。




ブリックタイルと照明器具の組み合わせ。
タイルの凸凹感が優しい陰影をつくります。
ビーズランプの光のゆらめきも
タイルとコラボさせるとさらに美しさUP。



壁をRに施工して、白ブリックを張るのは
もはや私の定番のデザイン。
曲線の柔らかさと白ブリックの可愛らしさが
お互いを引き立てあいます。


タイルはたくさん貼ればいいというものではなく
分量、位置、面積、デザインが重要です。
装飾タイル工事は贅沢工事。
でもコストをかけた分の満足感は
かならずあります。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

かわいい造作家具。


「最近の家具はほとんど取っ手レスだからさー
こういうのつけて、っていうの、マルミさんくらいだよ」
と、笑う家具職人さん(笑)
ナチュラルスタイルの家具は
取っ手選びが楽しいのですよーだ



以前ご紹介したナチュラルスタイルのテレビボード
完成はこんなカンジになりましたー。
天板はパイン集成材、扉にはチェッカーガラスを入れて
格子を組みました。
取っ手はガラスと真鍮と組み合わせ。
3メーター超えのビックサイズのテレビボードです。



こちらも小さくて超ラブリーな可愛いテレビボード。
壁にはぬわず、置き家具です。
格子に入れたガラスを6枚、すべて種類を変えています。
まあるいアーチ型に加工した抽斗。
ピンクのハート型の取っ手。
オーダーでしかありえないデザイン。




ナチュラルスタイルの可愛いオーダー家具たち。
次はどんなのを造るかたのしみー☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ナチュラルフレンチなカーテンスタイル。


ナチュラルスタイルのおへやのカーテンは
ラフで、ゆるい、ちょっといいかげん(?)なスタイルが似合うと思う。


カーテンのコーディネートは楽しい。
でもちょっとした採寸ミスやら連絡ミスで、
あちゃーっ(泣)てなることがあるので
数センチのミスも許されない
びしーっと造りこんだカーテンプランの時は緊張します。
このスタイルは懐が深く
典型的O型のおおざっぱな私の性格にぴったりで
安心感があります(笑)


画像はレースのダブル掛け。
奥には、リーズナブルなボイルレースを
手前には奥様のお気に入りのレースを
飾るようにかけました。
アンティークの琺瑯ペンダント照明がよく似合う
ナチュラルフレンチスタイルの窓辺です。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

モロカンフレンチスタイル。


ナチュラルフレンチスタイルのモデルハウス建設時、
コンサバトリーの床材の嵜瑤鮟Δい泙舛えて
ほんの少しだけ材料が足らなくなった。
しかも受注生産品の床材…
やばい、どーしよー、冷汗たらたら…
で、
ネットでふと目にしたこのタイル。
いいっ
これだっ
厚みもあうじゃないの〜
翌日納品もうれしい♪
で、即、購入ボタンぽちっとな。



という非常事態の諸事情により
このタイルを使ったのですが
偶然にも、これからいちばん流行りそうな予感の
「モロカンフレンチスタイル」になりました(笑)


現在工事真っ最中、
マンションのナチュラリノベ。
寝室のコーディネートはずばり
「モロカンフレンチスタイル」
まばゆい鮮やかな白をベースにして
フレンチスタイルにモロッコテイストを融合させます。
おたのしみに〜☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ナチュラルな手洗い。


THE 輸入住宅的洗面台といえば
ペデスタルシンク。

ペデスタルシンクといえば
装飾がいっぱいついた
ゴージャスな物を思い浮かべますが
そんなことはなく。
シンプルなかたちのちいさいものを選べば
ナチュラルなおうちにとっても似合います。
価格もけっこうリーズナブル。
足元までさらっとお掃除できるし
陶器なので長持ち。


難点は収納スペースがナイ。
なのでがっつり洗面台ではなく
トイレ横や玄関横のサブ的手洗いにおすすめです。
それでもやっぱり
雑貨やらハンドソープなんかは置きたいよねー、
ってことで
洗面台の背面壁を10センチほどふかして羽目板を貼り
ちょこっと物を置けるようにしました。
こんなかわいいスペースなら
お掃除も苦にならない…はず(笑)

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

アンティークインテリア。


私はよくアンティークをコーディネートにとり入れます。
でも、
部屋中ぜーんぶこってこてアンティークだらけ、っていうのはニガテ。
新しいものとミックスさせてアクセント的に使います。

本日の画像は
吹抜けの窓にかけたフランスアンティークリネンと
きらきらガラスがきれいな白いアンティークシャンデリア。
アンティーク商品はすべて1点もの。
見つけたときは、「こっ、これだっ!!」とぴーんときます。

たくさん出回っているアンティーク風レプリカ商品。
悪いとは思いません、私もよく使うし、よく造ります(笑)
でもやっぱり
ホンモノにしかだせない風格が
アンティークにはある気がしています。



しかーし

じつは

私はオバケ系の話にめっぽう弱いので
アンティークの鏡は絶対買えないし、
椅子も正直ちょっと怖い…ベッドはまず無理(泣)

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ちいさくて、かわいい。


陶器製のスイッチ、愛称OP(おっぱいスイッチ)
欲張ってたくさんはつけません。
ちょこんとひとつだからこそ
かわいいと思うから。



陶器だったり、ガラスだったり、真鍮だったり、
いろんなドアノブたち。
ドアごとに合ったたノブを
ひとつひとつ丁寧に選ぶ作業は
とてつもなく楽しい。



造作家具のつまみたち。
ちいさいけど、主役級の活躍をする小粋なヤツ。
色も形もじっくり考えてコーディネート。



“VACANT”レトロな表示錠。
機能的ではないけれど
これがあるとないとでは
こだわりの深さが違う気がする。


他にも
ニッチ、ステンドグラス、ドアプレート、USスイッチetc…
私の画像フォルダの中は
施主様と一緒に選んだちいさくてかわいい
インテリア小物たちの画像でいーっぱい。
とてもとても紹介し尽せません。

家つくりの中の雑貨みたいなインテリア小物。
興味がないヒトにとっては
なんだ、そんなもんって思うかもしれません。
でも、そこに取り付ければ
末ながーい付き合いになる。
そんなちいさくて、かわいいものたちを
ていねいに選ぶ家つくりが好きです。


ちなみにー
私の身長は150センチ、足のサイズ22センチ。
かわいいか?は謎ですが
かなりのちいさめサイズww
(注:体重を除く)

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

赤い部屋。


こちら、アメリカンカントリー大好きなK様の寝室。
赤い小花柄の壁紙はイタリアの輸入壁紙、
ROOM SEVEN TRAVEL MEMORIES。


カーテンはアメリカンカントリーの定番、
赤いチェックをベースにコーディネート。
CLARK&CLARKの生地を使用。
バランスを合わせて、より華やかに。


ロフトの階段も手摺も赤でペイント。
「これは鳥居なのかねぇー」と
パンパンと手を合わせて拝むという
ナイスなボケをくれたのは奥様のお母様(爆笑)
カントリーな照明はご主人からのプレゼント。


これくらい徹底的に
好きなものにこだわってくださるのは
コーディネーター冥利に尽きます。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | -

無垢材の家具。


無垢板を使ったテレビボート&ブックシェルフ。
抽斗の面材まで浮つくり仕上げにした一品です。
ここんとこ
オーダー家具デザインの依頼がすごーく増えています。



(おばあちゃんちにあるみたいな水屋)

家具職人の親方とは大の仲良し。
ていうか私が勝手に懐いている(笑)
私がデザインする造作家具のほとんどが
無垢板や突板を使用したものです。
現在主流のメラミン板やポリ板を使った
シンプルな箱状ものは少ない。
無垢材を使って家具をつくることは
木の性格を熟知した職人の技が必要です。



(古材とステンレスとタイルを組み合わせたカウンター)

「もりさんの持ってくる仕事は面倒だけど
おもしろいからなぁ」
と言って造ってくれる職人さん。



(屋久杉を使用した本格和風の小箪笥)

手のかかる仕事を“面倒だ…”と思わず
“こりゃ楽しいぞっ!”と思って挑むことは
技術者のキホンだよなーなんて
大先輩の背中を見て思うのであります。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

可愛いアイアン。

壁面にアイアンパネルを仕込むことをよくやります。


玄関にオーダー製作のアイアンパネル。
ミルク色塗装。


洗面所に仕込んだアイアンパネル。
施主様支給品。


廊下手洗いの壁にちょいと仕込む。
施主様支給品。



施主様支給品を使う場合は
正確な寸法を教えてもらうか
最初に購入してもってきていただく。
でないと
売っているものは絶対にかねがあわないので
開口部のサイズが合わず、
パネルが入らない、という
おそろしー事態に陥ることがある。

……

何事も経験です(笑)

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ナチュラル雑貨の似合う家。


「この雑貨が似合うおうちが欲しかったの」
雑貨好きの奥様からたびたび聞くワード。
たまごが先か、にわとりが先か…
家が先か、雑貨が先か…(笑)
おうちで過ごす時間の長い主婦にとって
自分のお気に入りのものに囲まれた
居心地のよい空間を望むのは
当然のことかもしれません。



ナチュラル系の可愛い雑貨たちは
種類もショップもほーんとに豊富。
でも、つるつるの合板建材だらけの家には
雑貨がインテリアにどうにも馴染まない。
そこで、職人顔負けなくらい本格的に
DIYリフォームするツワモノ奥様もいますが
なかなか難しいのが現状。
新築の壁に鋲ひとつ打つのもこわいんです、
という方が圧倒的です。
その点、元祖ナチュラル系のマルミのおうちは
そんな雑貨たちがしっくりと馴染みます。



インテリアコーディネートの仕事では
お部屋の雰囲気を演出する雑貨選びも重要です。
モデルハウス設営の際は
車にどっさりと雑貨を買うこともあります。
仕事とはいえ、これは楽しい作業です(笑)



小さな雑貨たちが、
家を建てる大きな原動力になるって
男性には考えられないかもしんないけど
生粋の雑貨好きの私にとっては
すっごく納得できるのでした。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

私のカントリー。


今から10年くらい前は
アメリカンカントリーテイストが絶頂期。
「私のカントリー」という雑誌が
カントリー系インテリア好きのバイブルでした。
(今でもそうでしょう)
そこから枝分かれして
ナチュラルテイストとか、フレンチテイストとかに
細かく細分化されてきたと思うんだけど
根強いアメリカンカントリー好きな方々の愛読書は
「私のカントリー」なんだと思います。


本日の画像は、8年程前にコーディネートした
以前のマルミのモデルハウスの一室。
まだ少し、アメリカンカントリーの色があります。
でもこの頃からすでに
私のココロはフレンチテイストに寄っていましたので
今見るとちょっと中途半端なカンジがします。


赤いチェックのカーテン。
節ありのパインの床。
アン&アンディのお人形。
パッチワークのクッション。
星条旗。
海外ドラマ「大草原の小さな家」


きっとナチュラル系インテリアの総本山は
ここなんだろうなー。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

クロスのコーディネートのはなし。


ピンク大好きの小さな女の子のお部屋。
でもピンクピンクには抵抗が…というママのご意見により
パステル画のような可愛いイラストの入った
淡いグリーンのクロスをあわせました。
(画像ではイエローに見えますがグリーンです)
ピンクとグリーンの組み合わせは
可愛いナチュラルインテリア好きの皆様に
オススメです☆


さて

クロスのカタログをお渡しすると
お客さまの奥様の顔がぱっと輝きます。
おうちを建てるときに
女性が楽しい作業NO1かもしれません。


私がはじめてクロスを選んだのは
まだ設計見習いで修行中の23歳の頃。
建売住宅を建てていた会社で
「ここから選んどいてー」と
先輩から渡された量産クロスの見本帳。
初めて任された仕事でした。
そのときの私はお客さまとおんなじ反応。
わー♪って、顔が輝いていたと思います。
薄っぺらい量産クロスの見本帳を
何度も何度も穴があくほど眺めて
わくわくしながら選んだのを
今でもよく覚えています。


時はすぎて
いろんな現場で、いろんなクロスを選びました。
資格も取得して、たくさん経験を積んで、
小さなサンプルだけで空間を想像できるようにもなり
お客さまにアドバイスができるようになりました。
私はインテリアコーディネーターです、って
自信をもって言えるようにもなりました。
それでも
新作のクロス見本帳をみるとき
わー♪って、わくわくする気持ちは
あの頃と変わりません。
やっぱり私は
インテリアが大好きなんだと思います。


お電話など多数のお問い合わせいただきました
こちらの壁紙は
シンコール BB1813(水玉模様)
リリカラ  LW7856(ボーダー柄)
ここは小学生美人姉妹のお部屋。
将来は2つに仕切る予定。
大人ガーリーなコーディネートです☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ナチュラルなトイレのコーディネート。


私、いつも、あまり、ほとんど、
トイレの写真は撮らないんです。
なんか、お客さんに申し訳なくてー(笑)
でも、
ナチュラルなおうちのトイレって?と
思う方がいると思うので
こんなカンジはいかがでしょう。
白でまとめたシンプルかわいい
トイレのコーディネート。
飾りすぎない、こてこてやりすぎないのが
大人のナチュラルフレンチの鉄則。
ポイントはイエローのころっとした陶器のノブだけ。
大人はこれで十分。



インテリア誌の&homeだったか
Natural housingだったか忘れちゃったけど
雑誌掲載されたときの画像です☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(3)

シャビーフレンチスタイル。


新築のおうちに
アンティーク建材やインテリアを
所々にちりばめて造る
シャビーフレンチスタイル。
これ、とっても好きです。

ごてごてとエレガントすぎず、
ひらひらとかわいらしすぎず、
さびさびとシャビーにしすぎず、
「すぎず」が多くてなにがなにやら…
結論、なにより、さじ加減が重要なスタイル。
やりすぎるとDランドのようになります。
私はそこまでは好みません。
だって…落ちつかないもーん。

画像のおへやは
輸入生地CLARK & CLARKの赤いバラ模様のカーテンに
フランスアンティークのシャンデリアを
合わせています。
大人っぽくて素敵でしょ☆




さてー

ブログランキングに登録してみたら
ぐいぐい上位へ上がってびっくり わぉ
基本、ヘタレなので
競うのとかニガテなんですが
ブログがいろんな人の目に止まって
マルミの造る家を知ってもらえたら
うれしいからがんばるー
あと
ヤバイ、更新しなくちゃと思うから
サボり防止にいい感じです。
現在6日連続更新中〜すごいぞ!私(笑)

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

元祖ナチュラルフレンチスタイル。

お客さまも業者さんも職人さんも
知り合った方は
みいーーーーんな、必ず聞くんです。

「もりさんて、何歳ですか?」

いやぁぁぁーっっっ
レディーに歳を聞くなんてっ
ガクガクガク…(←ヒザが震える音)
と、激しく動揺する、びみょーなお年頃。
これを読んだ方は
以後、けっして聞かぬように(笑)



さてさて〜


そんなびみょーなお年頃の私がコーディネートするおうちは
数多い他社のナチュラルテイストのおうちと比べると
甘さひかえめテイストが多いです。
(甘党のお客様には、遠慮なくこってり激甘にしますよー♪)

モデルハウス玄関正面。
まあるいアーチの壁も、
カラフルな色のドアも、
ステンドガラスもありません。
飾りという飾りはなし、
色という色はなし、
それでも、十分可愛いい
これが、元祖ナチュラルフレンチスタイル。


年齢を重ねてもずっと好きでいられるおうち。
いつまでも可愛らしさを失わない
大人のナチュラルフレンチ。
すっかり大人になってしまった(←自爆)
建築デザイナーからのご提案です☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

和室にカーテン、追記。


昨日、和室にカーテンはキライ、と書きましたが
正確には
“和室用と称されるカーテンファブリックがキライ”です(笑)
ナチュラルな和室には
こんな窓辺をご提案します。
かわいいでしょう?




さてさて〜


只今、東武線蒲生駅前、
マルミ事務所から徒歩3分のところで
居酒屋さんの工事をしています。
現場が近くてらくらく〜
ちゃりんこですいすい通ってます。

お店のデザインのコンセプトは
“家族連れで入れる居酒屋ダイニング”
あったかくて、優しくて、気取らないお店。
メインカラーは白、グリーン、黒。
内装のベースは北欧スタイル。
北欧スタイルは相変わらず人気がありますね。
休日のIKEAの混雑ぶりはびっくりします。

オーナーさん同行で厨房機器屋さんめぐりをしたり
イメージに合った椅子やらテーブルやらの什器探し、
オリジナルデザインのカウンターバーや食器棚の打合せ、
看板、照明器具、床材、クロスなどインテリアコーディネート…etc.
10坪ほどのちいさなお店ですが
決めることがいーっぱい☆



---------------------------------------------------------------
関東で大人のナチュラルフレンチの家つくり
マルミハウジングHPはこちらへ☆


ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

ナチュラルスタイルのカーテン展示会

昨日に引き続きまして
ナチュラルスタイルのおうちに似合う窓装飾
WEBひとり展示会です。

☆リビングにリネンのナチュラルカーテン☆

びしーっとかっちりカーテンはイヤだけど
リビングはきっちりカーテンをかけたい、という場合。
麻、綿など自然な素材感のある生地を選びましょう。
窓辺デザインキーワードは
ラフに、ふんわり、たっぷりと、です。

レール TOSOクラスト19
フック ビスコッティ
生地  DDインテックス(麻100%)


☆洋書の女の子の部屋みたいなカーテン☆

鮮やかな色や柄に囲まれて育つのは
情操教育上もよいそうです。
画像は、同シリーズのレースとドレープを組み合わせて
真ん中で切り替えました。
切り替え部分にはボンボンのトリムを入れて
おなかいっぱーいかわいい窓辺をデザインしました。

レール TOSOクラスト19
生地  ハーレクイン


☆和室にナチュラルカーテン☆

和室にカーテンって、実はキライでしたー。
メーカーの“和室”というくくりの生地で
よい!と思うものにめぐり合えたことがないから(笑)
よくよく考えればタタミはイグサ(じゃないのが多いけど)
だったら、自然素材の生地のが似合うにではと
いつもこんなカンジにコーディネートします。
上部をリボンにしてフックに結んでます。
両サイドを引っ掛けてふんわかカーテン。


フック:ビスコッティ
カーテン:サンゲツ



ナチュラルインテリアの窓装飾のポイントは
生地感を生かして、手作り感のある、軽い感じで造ること。
重々しく手の込んだ重厚感のあるものより
さらりと、あくまでシンプルに。
そんな感じでいつもコーディネートしてます☆



---------------------------------------------------------------
関東で大人のナチュラルフレンチの家つくり
マルミハウジングHPはこちらへ☆



ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ナチュラルスタイルのカーテン展示会

インテリアトレンドショーJAPANTEXが
先週開催されました。
これは行かねば!と思っていたのに
結局仕事の都合かつかず行けずじまい。。。(泣)

インテリアの展示会の花形といえば
やはり窓廻り装飾、カーテンです。
なので、本日の記事は
ナチュラルインテリア好きさんに贈る
ブログ内カーテンWEB展示会開催!
ナチュラルなおうちやおへやに似合う
インテリアコーディネーターの窓廻り装飾のご提案です☆


☆フレンチシックなお部屋のカーテン☆

トーンを落としたシック内装には
ついついダーク色のカーテンを選びかちですが
そうするとお部屋全体がどよーんと重く
よどんだ印象になってしまいます。
こちらはぱっと目を引く真紅のチュールレースと
白ベースに黒のオトナな花柄のドレープカーテンを
コーディネートしました。
生地を床より30センチ程長くして海外インテリア風に。
レールに結んだ黒いべっちんのリボンがポイントです。

カーテンレール  TOSOクラスト19
チュールレース  輸入品
ドレープカーテン テシード


☆ナチュラルスタイルのかわいいキッチンのカーテン☆

淡い小花柄のブルーのファブリックと
白いボイルレースをランダムな大きさに配置して
1枚に縫い合わせました。
それをクリップランナーでつまみ、
麻ひもでくるくるとテンションポールに
巻きつけているだけ。
カンタンですがナチュラル感満載になりますし、
汚れたらクリップをはずすだけでお洗濯OK〜

クリップランナー TOSO
生地 柄:テシード+レース:サンゲツ


☆吹抜けのカーテンコーディネート☆

窓の両サイドにフックを取り付け、
窓サイズに合った大判のテーブルクロスを引っ掛ける。
以上、おしまい(笑)
超カンタンですが、インパクト絶大、ナチュラル感満載。

フック  ビスコッティ
カーテン フランスアンティークリネンテーブルクロス




窓辺をコーディネートするときに
ナチュラルインテリアのお部屋には
びしーーーっと寸法がそろった
律儀でおりこうさんなカーテンよりも
ラフで、適当で、ちょっといい加減な窓辺を
イメージしてデザインします。
しかーし
その“ラフなカンジ”、というのが厄介ワードで
カーテン縫製やさん泣かせ。
「イメージとなーんか、どっかがちがうぅーーー!!!」
って、たびたびカーテンやさんを困らせる私です。


明日のブログも
ナチュラルスタイルのカーテン展示会△任后
おうちつくり中の方、参考にしてください☆



---------------------------------------------------------------
関東で大人のナチュラルフレンチの家つくり
マルミハウジングHPはこちらへ☆



ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

輸入壁紙を使う。

イギリス発、
手書きで描いたような花柄やストライプが
日本でも大人気のキャスキッドソン。
バッグやポーチが有名ですが
壁紙も発売されています。


こちらは洗面台の前に1面だけ、
キャスの壁紙を貼りました。
ブルーベースに艶やかな花柄は
ほんの少しの面積でも十分かわいい。


アクセントとして
廊下の突き当たりの壁にキャス。
暗くなりがちな廊下が
まるで海外のおうちみたいになりました。


輸入壁紙は素敵。
素敵だけどコストが高い!
リピートを考えるとしかたないけど
ロスを見てもったいないなーといつも思う
意外と堅実派の私(笑)
なので
いかに少ない面積に輸入壁紙を使って
素敵に魅せるか。
ここんとこがミソです。



---------------------------------------------------------------
関東で大人のナチュラルフレンチの家つくり
マルミハウジングHPはこちらへ☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

インテリア的、キャラクターの取り入れ方。

どうやら
ナチュラルインテリア好きさんは
ムーミンファンが多いようです。


造作洗面台にポイントにムーミンタイル。
白ベースのムーミンタイルには
ベースカラーのタイルにチョコレート色をチョイスして
ムーミンタイルを引き立てます。



こちらも造作洗面台。
こちらは、黒ベースのムーミンタイル。
ベースカラーをクリーム色でコーディネートしました。



大判のムーミンタイル。
木の板に貼って、白くペイントするという小細工を施し(笑)
ラベンダー色のドアの上に取り付けました。
見上げるとムーミンが!




大好きなキャラクターたち。
ぜんぜん目立たないのは悲しい。
でも、“THE MOOMIN!!!”でなくて
さりげなく、そこにムーミンがいた、テキナ。
キャラクターをインテリアに取り入れるときは
そんなツウなカンジを目指します。



---------------------------------------------------------------
関東で大人のナチュラルフレンチの家つくり
マルミハウジングHPはこちらへ☆


ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ガラスとひかり。


ここは2階の寝室。
吹抜けに繋がるドアの横に
泡入りのガラスを3つ、入れました。
西向きの吹抜けからのひかりが
ガラスに反射してきらきらひかる。


吹抜けから見上げる寝室のガラス。
陽の入りによって
刻々と表情を変えるガラス。
ぼーっと見ていてもあきません。


ガラスとひかりの関係は
思いがけず
素敵な相乗効果をもたらします。



---------------------------------------------------------------
関東で大人のナチュラルフレンチの家つくり
マルミハウジングHPはこちらへ☆


ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

白ブリックタイル。


清潔感があってさわやかな白いブリックタイル。
個人的に好きで、よく使います。

お部屋にタイルを使うとき
大切なポイントは使う分量。
使いすぎると、やぼったくなるし
少なすぎると、なにこれ??ってなる。
その微妙なラインを見極めるのは
やはり経験値。

タイルをどこに、どのくらい使うかは
担当ICさんとよーく相談しましょう☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

カーテン、じゃなくて。


20僉30僂両窓を何個か連ねるデザイン。
モデルハウスで提案したら
その後いろんなおうちで同じものを造りました〜。


モデルハウスのカーテンプランを考えてた時
小さい窓にカーテン、ってのは
なぁんかイケてないから
どうしようかなーと思って
チェッカーガラスを入れた
かわいい扉を造って窓のフタにしたら
またまたかわいさUP。


こんなふうに、ちまちま、こまごました造作、
マルミならでは☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

みみつき。



無垢板のみみ。
樹皮が付いていたはしっこ部分で
通常は製材するときに
きれいに落としてしまう部分。

ナチュラルなインテリアには
みみを落とさないで使います。
いちばん味わいのある部分だから。
みみなしの食パンを想像してください。
なんか味気ないでしょ?


ちなみに私
食パンのみみは…なくていいヒトです(笑)

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

リネン&コットンのカーテン。


無垢の床。
珪藻土の白い壁。
テラコッタタイルのテラス。

そんなナチュラルスタイルのおうちに
最も似合うファブリックは?
と聞かれたらやはり
リネンとコットン。
それも自然の風合いを生かした生成り。
鮮やかな色や柄のファブリックも素敵だけど
しっくりとなじむのは
ナチュラル色のカーテン。
かっちりしすぎない
優しい窓辺のスタイリング。



只今カーテンプラン作成中〜。
サンプル生地をぱらぱらと眺めながら
イメージを膨らませています。
さてさて
どんなカーテンスタイルにしようかな。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ちいさな玄関。

開放感たっぷりの
広くて大きな玄関も素敵。
でも
ちいさくてかわいい玄関も魅力がいっぱい。



川口市N様邸の玄関。
南側を向いた窓からは
たっぷりの採光。
アクセントには
白くペイントした羽目板を壁と天井に貼ってます。
まるで雑貨屋さんみたいな玄関です。



越谷市H様邸の玄関。
造作家具で造ったオリジナルの下駄箱がかわいい。
きらきらひかる照明器具がよいアクセント。
テラコッタタイルは
だんだんと色合いが深くなっていきます。



流山市K様邸の玄関。
床はピンコロ敷き風のタイル。
ステンドグラス、シェルフ、ガラスのドアノブ…etc
ナチュラルで優しい雰囲気の玄関です。


設計図を見て
「うちの玄関は狭いから。。。」
なぁーんてあきらめてはいけません。
かわいい玄関は工夫次第で
実現できます☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

魅せるあかり。


アンティークガラス越しにみえる
シャンデリアとペンダントのあかり。
少しゆがんで、ゆらゆら、ゆらめいて。


シンプルな白い塗り壁に
美しいビーズの陰影をつくりあかり。
壁があかりのスクリーンになる。




その場所にあかりが灯ったときの
ひかりの飛び方や陰影の生まれ方。
照明器具のプランニングするときは
そんなことをイメージしながら選びます。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ナチュラルな和室。


ここはリビングに続く4.5帖の和室。
アーチ下壁の部分はお雛様飾りスペース。
ローラアシュレイのあじさい柄のクロスを
アクセントに内部だけ貼りました。
モモナチュラルのリバティプリントシェードの
ペンダントライトがかわいい。


家を建てるとき、和室を設けるかというのは
結構悩むことがら。
でも、小さい子供がいたりすると
やっぱりタタミのお部屋は便利だし
なんせ、きもちいい。


和室だからといって和にこだわることは
ぜんぜんありません。
思いっきりナチュラルテイストに
コーディネートすれば
こんなにかわいいお部屋が実現します。

既成概念を捨てて
目指すインテリアテイストに似合った
和室をつくりましょう〜☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

ラフなかんじ。


O型のお手本のような性格なので
すごーくおおざっぱな性格なので
“ラフなかんじ”というキーワードが大好き。
きちっり、かちっりまとめるのは
インテリアも私生活でも
得意じゃない。


昔からあるタイルの敷き方、ピンコロ敷き。
でこぼことした不均等な石が好きでよく使います。
画像の商品はピンコロ敷き風タイル。
じつは、とーっても職人手間のかかるピンコロ敷きを
簡単施工にしてくれる
便利で、かつ、かっこいい商品です。


最近のインテリアの流行のキーワードは
“ラフでかっこいい”だそうです。
大好きなスタイルの流れがやってきそうで
なーんかうれしい☆


自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

水玉模様とストライプ。


将来2つに分ける予定の姉妹のお部屋。
アクセントクロスは水玉模様とストライプ。
どちらも、昔からある古典的な柄物ですが
大胆に組み合わせると新しいカンジ。
奥様がお持ちになった海外の画像を参考にしました☆



さて
今日は暑い。夏のよう。
この季節になると
実家の母から大量に届く初夏の果物、びわ。
果物の中で特にびわが好き、って訳ではないんだけど
母の中では私の好物はびわらしい。

子供の頃
お肉とチョコレートしか食べない超偏食児だった私。
りんごもみかんも嫌いだったのに
初めてびわ食べた時
なにこれ?!おいしい!!と喜ぶ娘の顔が
母の心に鮮烈に残っているのだと思います。

現在、母となった私といえば
娘がおいしい!と言ってくれる料理は
くり返しつくってしまう。
おいしいと言った食材は何度も買ってしまう。
そのたび、ねぇ、ねぇ、おいしい?!としつこく聞いて
半強制的においしいと言わせる。


娘達はとっくに食べ飽きて
ひとりで食べきるのは大変な量のびわを
腐らせたらいけない、と
毎朝食べ続ける今日この頃。
ちょっぴり身勝手な、
同じ母心に苦笑い。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

輸入壁紙。


お引渡し直前の越谷市I様邸。
3階建ての宿命、階段が多い。
しかも、狭小地なのでちと狭し。

んで

階段の壁一面にWALPAのだまし絵クロスを貼りました。
雰囲気がぐーんとよくなって
広がりが感じられて
こんな素敵な階段なら
上り下りが楽しくなりますね☆


輸入壁紙は高価だけどやっぱりいい。
防火認定がとれていないものもあるので
使うときは設計さんかICに確認しましょ〜。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

さらっと、ふわっと。

ナチュラルなスタイルのおうちの窓辺には
かっちりとしたカーテンより
さらっと、ふんわりと、さりげない
スタイルの方が似合います。




こちらは、流木をカーテンレールにして
CLOTH & CLOTHのテーブルクロスを引っ掛けて
ピンチで真ん中を絞っただけ。
簡単ですが、ナチュラルな雰囲気が満載です。





マルミで家を建てるお客様の家
吹抜けの定番となったスタイル。
両サイドにフックを付けて
フランスアンティークのテーブルクロスを
ひっかけただけの超簡単スタイル。


さらりと、シンプルで、さりげない感じが好き。


自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

オトナ・フレンチ。


落ち着いた、オトナの雰囲気の
フレンチスタイル。



かわいいけど、幼稚じゃない。

華美ではなく、おしゃれ。

新しすぎず、古くない。

混沌としつつ、洗練されいる。



私がいまいちばん
好きなスタイルはこれ。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

カップボードを造る。


いつもの家具工房にて
納品まじかのカップボード。


おうちを建てたお客様からオーダー頂きまして
カップボード製作してます。
自然素材で家を建てているので
家具も無垢を使うことが多くて
メラミンやポリ板の家具のオーダーが
少ないという贅沢デザイナーの私(笑)

今回はオークの突き板を使って製作しました。
デザインはすっきりと、
アイアンの飾り棒となみなみガラス。
引き違いの扉は奥様のご希望。


オーダー家具は安いものではありませんが
おうちにぴったりサイズで造れて
デザインも自由自在。
オススメです☆


自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

切り替えカーテン。


画像のカーテンは
ドレープカーテンの上部に
レースの切り替えを入れました。
生地はイギリスの輸入生地CLARK&CLARK。
海外ものにありがちな大胆な花柄ですが
色味をベージュにして派手さをおさえ
かわいらしく仕上げています。






オーダーカーテンはアイディア次第。
サンプルを見ながら
あーだこーだ考えるのは
コーディネーターの醍醐味です☆



自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

余白。



マルミハウジングホームページ
建築ギャラリーに
さいたま市“夢見る家”アップしました☆



さて


新築の家の図面を見て
ここも、あそこもと
一切、無駄なスペースを省くこと。

新築のなにもない我が家を見て
こっちにもあっちにも
何か、置きたいと考えてること。


何もない壁
何もない床
何もないスペース。
インテリアにおいての余白。
必要かどうかわからないスペース。
間取りにおいての余白。


余白のない家は
窮屈で、息苦しく感じます。
余白のないインテリアは
乱雑で、落ち着きがありません。


もし我が家を
迷路のような雑貨屋のドンキホーテ化したくなければ
もし我が家を
句読点のない読みにくい文章みたいにしたくなければ
どこに余白を置くかを考える。
そして
余白を無駄と思わせないデザイン。
それが重要。



ちなみに私は
余白多め、少し殺風景な方が
好きですけど。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

幸せな家具。


吹き抜けにつけたフランスアンティークの建具。
同じくアンティークのこぶりのシャンデリア。
すべて施主奥様の支給品です。
価格はそれなりにします。
私と奥様は“安い!”と思いました。
ご主人と営業さんは
“高っ!”と言いました。
たぶん、どちらも正解なんだと思います。
価値観の問題。
商品に価値を見出すか、そうではないか。
ただそれだけ。



“アンティーク家具は幸せな家具”なんだそうです。
100年以上、存在しているという事実は
その間にいろんな人達が
手をかけ、補修し、色を塗りなおし、
大切にされてきたから。
そうでなければ、とっくに朽ち果てて、
ここには存在しないはず。
大切にされて、愛されてきた家具。


幸せな家具に囲まれた幸せな家ができました☆


自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

アイランドカウンター。

キッチンを背面にして
造作アイランドカウンターを造るプランが
個人的に好きでよくご提案します。
造作家具のアイランドカウンターのデザインは
キッチンの雰囲気に合わせて千差万様です。




レトロカフェスタイルのこちらのキッチンは
ステンレスのカウンタートップ。
横面にはつるりとしたレトロなタイルを貼りました。



ナチュラルスタイルのこちらのキッチン。
白いモザイクタイルは清潔感いっぱい。
羽目板を張って、内側は便利な収納になっています。




シンプルスタイルのこちらのキッチン。
あえて節のある無垢板を使ったカウンタートップは
なんだかほっとする一品です。



オーダーの造作家具はお値段ははりますが
自分仕様にできる満足度の高い一品です。
床に固定してしまうアイランドカウンターは
なかなか移動することができませんので
思い切ってオーダーしてしまうのもいいですね☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ウエディングベールと見学会。


シークレット見学会レイクタウンH様邸。
まだ工事足場が残っていますが(汗)
吹き抜けのFIX窓が素敵に仕上がりました☆
カーテン代わりにさらりと掛けたレースは
奥様が結婚式で使ったウエディングベールです。
それにほんのちょこっとだけ手を加えて
レースのカーテンにしました。




アンティークのシャンデリアと相性ぴったりで
ご夫婦の結婚式の思い出とともに
窓辺をドラマティックに演出してくれています。





クロゼットの奥で眠っていた
大切なウエディングベール。
新しいおうちの完成とともに
新たに生まれ変わったのでした〜。





というわけで
こちらのレイクタウンH様邸は
今週末シークレット見学会をおこないます。
まだ完全に工事が終わっていませんが
こだわり満載の素敵なおうちです。
ご興味のある方はぜひ
足をお運びください☆


日時  3月30日(日) AM10:00〜PM16:00

場所  越谷市大成町5丁目218付近
    (ナビでお越しの場合は英才個別学院レイクタウン校で検索ください)
    ※仮換地のため正確な住所がありません、
    わからない場合は0120-85-0402までお電話ください。



自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

インテリアショップ。


マルミのお客様が多く好まれる
ナチュラル系のインテリアショップは
たえずチェックして情報収集します。
でないと
お客様の方がコーディネーターより
詳しかったりしちゃうのです。



なので私のおやすみの日は
インテリアショップめぐりだったりします。
おやすみなんだかなんだか…
趣味と実益を兼ねる(笑)

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

木漏れ日カーテン。


吹き抜けの窓って
あんまり開け閉めしないけど
くもりガラスってゆーのもいけてない。
でも、カーテンってどうしようって、悩まれる方多し。
開け閉めの機能性を重視するなら
長いコードをつけたシェードやロールカーテン。
ご予算に余裕があればリモコン式なんてのもあります。




モデルハウスの吹き抜けの窓は
窓を一枚の絵画と考えて
素敵に魅せることを重要視して
ウインドウトリートメントしました。

両サイドにフックを取り付けて
ふわっと掛けたのは
フランスアンティークの美しいテーブルクロス。
レースの目から零れ落ちる木漏れ日みたいな光。
オークの無垢の床にレース模様の影をつくる。

窓辺を彩るアートな空間。
これまた楽しいコーディネート☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

☆☆メリークリスマス☆☆


週末は忘年会で飲みすぎ
更新記録敗れる…くう〜クヤシイ!
というわけで
本日はいっぺんに3日分の記事UPしましたぁ〜☆
(立ち直り早い)
マルミ忘年会では
すっかり楽しくなって飲みすぎ
翌朝フヌケ状態、二日酔いで一日中苦しむ…
いけませんね〜
飲みすぎには気をつけましょう。
(自分だ)




今日はクリスマスイブです。
クリスマスといえば、ディスプレイです。
モデルハウスのクリスマスのディスプレイは
ここ数年、コーディネートのお手伝いをしてくれている方に
お願いしていたのですが
彼女は只今産後間もないので
今年は久しぶりに自らやりました(笑)

インテリアコーディネーターをやりたい、と
相談されることが時々あります。
やりたいと思う気持ちがいちばん!
やりたいことはやったほうがいいと
もちろん思います。
でも、なんの仕事でもそうだけど
インテリアの仕事は
楽しそうなことや
カッコいいことや
キレイな仕事ばかりではありません。

土日はまず休めません、
現場のゴミも拾います、
職人さんに叱られます、
んなこともしんねーのかと馬鹿にされます、
依頼人からダメだしを食らいます、
カタログとか重いものばっかり運びます、
予算で頭を痛めます、
インテリアのきれいな部分なんて
山のてっぺん、氷山の一角だけです。
あとは調整と、気遣いと、体力のみ。

それでも好きだから
なんでもやれる!と思ったら
頑張ってみるべきだと
業界歴だけはなが〜いお局ICは
思うのでありました〜☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

グレイのカーテン。


レースのカーテンは白、と思い込んでいませんか?
大人フレンチスタイルのコーディネートには
グレーがよく似合います。
レースのカーテンも
あえて白ではなく、グレーを選んだりします。



こちらは少し濃いグレーのチュールレース。
あえて丈を長めに、
軽く結ぶだけで魅せる窓辺。

たぶん
個人的に、グレーって好きなんですね、私(笑)


自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

シャンデリア、つけようよ。


モデルハウスリビングのアンティークシャンデリア。
シンプルだけどかわいらしくて
透明感のある感じがお気に入りです。
さてさて
他のハウスメーカーでおうち建築中のブログ読者様から
こんな質問が寄せられました。

「新居を建てるべくHMと打ち合わせしてます。
来月入ると着工です。
内装の照明でインテリアコーディネーターさんと
意見が合わず悩んでます。
リビング、ダイニングにそれぞれ
シャンデリアをつけたいのですが、
天井が2400なためコーディネーターからNGと言われてます。
頭をぶつけるし圧迫感でるのが理由ですが、
やはりあきらめきれません(_´Д`)ノ~~
著者様がシャンデリアをご提案されるときは
どのようなお宅ですか?」


というわけで
本日のテーマは「シャンデリアをつけよう!」です。



ダイニングルームは
ダイニングテーブルの位置を確定させて、
テーブル上にシャンデリアつけることで問題ありません。
ただ、ダイニングテーブルは入居してから
やっぱりこっちがいい、とかなりがちです。
テーブルのセンターにあってこそ
シャンデリアはかっこいい。
移動する可能性も考えてライティングレールをつけて、
そこにシャンデリアを取り付けたほうが
可変性があって安心です。




天井高2400のリビングにシャンデリアは
邪魔になるかもしれません。
でも、あきらめてはイケナイ。
シャンデリアと言ってもカタチは多種多様。
横に広がったシェイプのシャンデリアを
選べばいいだけです。
こちらの画像のおうちの天井高も2450です。
小ぶりで、横広がりのタイプを選んでいますので
圧迫感も違和感もありません。

用は「選び方次第」です。
天井高が低いからとって
シャンデリアをあきらめることはありませーん。




こちらの画像のような
縦長のシェイプの迫力のある大きなシャンデリアは
吹き抜けや、天井の高いところにつけた方が
美しさが映えます。
このようなものをリビングにつけたいときは
最初の計画段階で検討が必要となります。



シャンデリアにしろ、ペンダントにしろ
NGだなーと思う器具のつけ方は
コードを短くしすぎてしまうこと。
時々見かけるコードの長さがゼロにして、
天井から突然生えたみたいなシャンデリアは
寸足らずでどーにもこーにもかっこ悪い。
やはり、シャンデリアはぶら下がっているから
素敵なんですねー。


天井高2400の部屋にシャンデリア、
圧迫感がある、頭があたる、ごもっとも。
で・す・が、
それでもどぉーしてもつけたいのーという
お客様のワガママを叶えるのがプロのおしごと、
そしてやったー素敵さすがですね、と
お客様に喜んでいただくのが
インテリアコーディネーターのお仕事の醍醐味です。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

プリンセスコーデ。


なんかネタがないかと
画像を整理してたら発見した
なつかしい前モデルハウスの
女の子部屋のコーディネート画像発見。
白とピンクを基調にした
女の子憧れのプリンセスコーデでした☆

プリンセスコーデのインテリア商品は
通販などで多く見かけます。
こちらの天蓋ベットやシーツも
たしか通販で購入しました。
通販商品は値段が安価で
それなりの雰囲気が出せるので
モデルルーム設営の予算がキツイ時なんか
コーディネーター的には便利でしたね。








さてさて
話が飛びますが


突然誰かからの得体の知れない悪意を感じると
すっごーく、戸惑う。
えーなんでぇー?って思う。
頭の中が???マークでいっぱいになる。
単なるアホなのか
根っから天然か
自分発信で誰かに悪意をもって行動することは
ほとんど、ない……と思う。
だから悪意の発信元の意図がわからない。
頭の中で?マークがひたすら増殖していく。
でも
自分の無意識の行動が誰かを傷つけて
悪意を呼んでしまうなんてことは
きっと日常にたくさん落ちているんだろうなー。

なんだか訳のわからない感情を押し付けられて
いらいら、くよくよするのは美容に悪いので
さっぱりと考えるのをやめることにします。
と、思うのだけど!
やっぱり頭の中は?マーク増殖中(笑)

訳わかんない内容にお付き合いいただき
ありがとうございました〜☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

無垢の床。(アンティークパイン編)


無垢の床特集〜。

こちらの物件は
アンティーク加工したパイン材を使いました。
ちょっと渋めのカフェみたいな
かっこいいイメージです。
パインは松の木。
やわらかく、足ざわりのやわらかい樹種で
加工しやすく、床や家具に多用されます。


アンティーク加工された床材は
もともと傷がつけられていますので
アンティークの風合いが好きで、
傷がつくのが不安な方にもオススメです。
このように幅広で、迫力がある床材は
リビングなど広めのスペースで
どかーんと使うと
持ち味が生かされます。


床の色は何色がいいですか?と
単体で質問されることがあるのですが
色だけでなく
お部屋の大きさもちらりと頭の片隅にいれておくと
よいかもしれません☆




ぜいぜい。。。

はぁはぁ。。。

毎日更新にだんだん息切れしてきた(汗)

でも年末最後の有言実行、

がんばるぞー


自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(4)

ガラスのおはなし。

インテリアにガラスを取り入れるのが好きで
しばしばお客様にご提案します。
光を受けてきらきら光るガラスは
フォーカルポイントにもなるし
なにはさておき、かわいいし。
ガラスにはいろんな種類があります。
そこで本日はガラスの種類のおはなし〜。



リビングのデザインドアに
モニュメントガラスを入れました。
透け感はありますがスケスケではありません。
光がやわらかくさしこみます。
ちょっと、レトロなカンジも素敵。
デザインガラス特有の圧迫感も少ないので
大きめな開口に使ってもOKです。




一番人気はこちら、気泡ガラスです。
アンティークな雰囲気が特徴です。
ガラスの流れに方向性があるので
縦に使うか、横に使うかで
また雰囲気が変わります。
こちらは縦方向に使用しています。
透け感ありますので実用的ではなく、
飾りとして使うのがオススメです。




ナチュラル好きさんに人気ナンバーワンの
チェッカーガラス、定番です。
チェックの大きさに種類があります、
開口の大きさによって使い分けます。
多用すると少々うるさいカンジになります。
住宅では控えめ使用がオススメ。
透け感は少なく、実用性もあります。
こちらはパントリーと廊下の間の
明り取りとして使用しました。




ドアの上に4枚、フローラガラスを入れてます。
拡大するとコチラ↓

昭和レトロなカンジは
ナチュラルテイストにMIXさせると似合います。
フローラガラスはかなりインパクトがあります。
ちいさなところに、さりげなく使うのがポイントです。



壁面にガラス類を埋め込む場合、
万が一割れた時の交換方法など
施工を検討する必要もあります。
HMの担当コーディネーターなどに相談するのが
ベストです。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

つみかさね。



壁に取り付けたシェルフの棚板。
無垢の杉の板材を使いました。
木の表情がいい部分を探してカットしました。
木目を殺さないように、塗装しました。
板の雰囲気に似合うブラケットを探しました。

単なる、棚の板、いちまい。
でも
そんなちいさなところにも表情がでる。
家の顔の一部になる。
だから
慎重に考えて、選んで、造っています。

ちいさなこだわりを
ひとつ、またひとつ、
丁寧につみかさねて
素敵な家ができていきます。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(3)

オトコの目線。


「疲れて帰った時にひとりになれる場所が欲しい」

「趣味にひたすら没頭できる部屋を!」

「こんなラブリーなトイレじゃ、落ち着いて〇んこできない」

すべて男性からのご意見です(笑)



私はいちおう女で、母で、主婦ですので
家を使う女性目線から設計しますが
働くいち会社員でもあるわけなので
お仕事頑張る目線は男性とおんなじ。
ですからご主人様からのご意見は
ごもっとも!と思うことも多いんです。
かわいいおうちが建てたいけど
パパと意見が合わなくて。。。
なーんて奥様のお悩みを時々耳にしますが心配無用。
インテリアの魔術を使えば
自由にお部屋のイメージを変えることができます。



本日の画像は
アジアンテイスト好きのご主人のお部屋。
建具や造作材は粗野な感じのこげ茶に塗装。
床は燻製したヒートトリーテットパイン。
窓辺は同色のウッドブラインドですっきりと。
天井を濃い目の木目調クロスで重厚感をだし
お気に入りのアジアンテイストの似合う
オトコの趣味のお部屋になりました。


いつものマルミの仕様でも
カラーのチョイスや壁紙、窓辺などで
いくらでも雰囲気を変えられる、
インテリアコーディネートの可能性は無限大です☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

大人のインテリア。


昨日に引き続きまして越谷レイクタウンT様邸。
T様邸は2階にリビングをもってきています。
2階のリビングは天井を高くとれるので
空間の容積が大きくなり
ひろびろと感じることができます。
T様邸は屋根勾配にそった三角の天井に
飾りの梁をひかえめに入れて
中央にシーリングファンをつけました。
まるで教会みたいなイメージです。


打ち合わせの中で
装飾をほとんど好まなかったT様のインテリア。
天壁は純白の左官仕上げ。
床はしっとりしたオークの無垢材。
窓辺はウッドブラインドを枠内納めですっきりと。
高級感あふれる紅いペルシャ絨毯が印象的。
シックで大人の雰囲気です。
シンプルですが、シンプルすぎない。
素材のもつ美しさを生かした
素敵なインテリアのお手本です。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

色を挿す。


モデルハウスで使用しているこぶりで華やかなシャンデリア。
青山のインテリアショップのオルネ ド フォイユで購入しました。


ナチュラルなおうちのインテリアは
圧倒的に白の分量が多く
白と、木の色だけだと
ときに無難で、単調になることがあります。
そこで白い空間に
思い切って衝撃的な色を挿すのも素敵。
お部屋の印象がぐっとワンランクアップします。



でも挿し色は
やりすぎれば浮いてしまう。
少なければ意味がない。
まるでお料理の塩加減とおんなじ。
入れすぎれば辛すぎる。
すくなければ物足らない。


なので住宅のインテリアでは
クッションカバーや照明器具など
可変性のあるもので少しづつ、味見しながら
試すのがいいかもしれません☆


自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

インテリアコーディネートのテクニック。

本日はインテリアコーディネートのおはなし。
「どうにかしてお部屋を広くみせたい!」
と思うのが人の常。
そんな時はクロス選びで一工夫しましょう。


今はどこでも新築するときやってる
“アクセントクロス”
壁の一面だけ、違うクロスを貼るってやつです。
このアクセントクロスを
お部屋の奥の壁だけ濃い色にすると
目の錯覚で奥行きを感じて
実際より広く感じることができます。
濃い色は“後退色”なので奥まって見えるからです。


こちらは寒色の後退色(ブルー)を使ったアクセントクロス。
寒色系はより奥まって見えるので
お部屋を広く感じることができます。


こちらは暖色系(オレンジ)を使ったアクセントクロス。
暖色系のあたたかみのある
可愛らしいお部屋になりました。

インテリアコーディネートの基本である
カラーコーディネート。
これからおうちを建てる皆様は
ちょっと学んでみるといいかもしれません。



本日の画像のお部屋は越谷市O様邸。
アクセントのビビットなクロスは
北欧インテリアに憧れる奥様が自ら選んだ輸入クロスです。
照明器具はノルディックデザインのVITA ALBA。
カーテンはオリジナルのオーダーデザインです。
上下に切り替えを入れてタブ&タッセルの柄と揃えました。
シンプルだけどとっても素敵なお部屋になりました☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

ガラス。


ガラスはとっても好きな素材のひとつです。
温かみのある照明器具とガラスを組み合わせるのが
大好きなコーディネートのひとつです。



壁に埋め込むガラス建具をよく採用します。
ステンドグラスを使うこともありますが
デザインから起こしてオリジナルで造ることが多いです。
いろんな種類のガラスを使います。
チェッカーガラスはかわいい印象。
気泡の入ったアンティークガラスは幻想的。
レトロなフラワー柄のガラスも好きでよく使います。

本日の画像はアンティークガラスを使い、枠や格子を黒く塗装。
ガラスの枠は壁と同化する白が多いのですが
こちらは鉄っぽくみせるためにウレタンの艶を強くしました。
落ち着いたイメージのこんな感じも
またよいものです☆


さてさて
ちょっと忙しくって
更新をサボっておりました!
いつも見てくれる方々
ありがとうございます。
本日からまた再開でーす。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

水屋。


アンティークは好きだけど
歴史を感じる重厚間がちょっとコワイ…
と言う方は少なくありません。
実は私も
鏡だけはアンティークは絶対ダメです。
なにを隠そう
イスなんかもちょっとニガテだったりします(笑)


昭和レトロなインテリアを目指したO様は
ご主人がアンティークがニガテ。
でも奥様は大好き!というわけで
造作家具でレトロなデザインの水屋を作成しました。
食器棚、ではなくて“水屋”のイメージです。
オーダーですから、壁の間にぴったんこに納まります。
材質はホンモノの屋久杉の突板を使っています。
これだけ本格的な水屋を造れる職人さんは
限られています。
お願いしている造作家具やさんでも
職人暦〇十年の社長が自ら、造ってくれます。


今は新品ですが、これからアンティークになる
世界にひとつだけの我が家の水屋。
家族と共に時を刻む家具。
何十年後、それはきっと
家の宝物になるに違いありません。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ローラアシュレイとステンドグラス。


エレガントかつかわいらしいイメージで人気の
ローラアシュレイ。
私も大好きなブランドのひとつです。


本日の画像はなんとトイレです。
ローラアシュレイの輸入クロスを使い
壁の上部にステンドグラスを埋め込みました。
ふんわりと優しい
癒し系トイレ完成(笑)

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(3)

レトロタイルのひみつ。


モデルハウスの洗面台の下に敷いたタイル。
レトロでかわいいやつ。
じつは当初、
ここにタイルを貼る予定はなかった。
白くアンティーク塗装したパインの床の
嵜瑤鮟Δご岼磴┐討靴泙
大工さんが床を貼るその日になって
ちょこっとだけ足りないことが発覚。
すぐに発注しても入荷まで1週間以上かかるという。

ああ!どうしよう!こまった!
そーだ!じゃータイル貼ろう!

というわけで
床厚が合う、当日発送可能なタイルを大急ぎでみつくろい
床材の足りない部分を補ったのでした。
怪我の功名か
思いのほかレトロなタイルが雰囲気UPしてくれて
好評なスペースとなりましたとさ〜。
めでたし、めでたし、なおはなし☆


自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

スイッチ類。


ちいさなこだわりの代表格、
それはスイッチ類。

いろんなスイッチがありますが
シンプルなフォルムのアメリカンスイッチは人気です。
どんな空間にも似合います。
ただ
どこがどこのスイッチだかを憶えるまで
少々時間がかかるようです。



おっぱいスイッチ(マルミ呼称)は
かわいいですが
使いすぎると
壁の突起物みたいでコワイし
かわいくないと思う。


理由はおわかりでしょうが
2つ並べないことをオススメします(笑)


自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

ファブリックの使い方。


輸入のファブリックは
微妙な色合いがとてもきれい。
インテリアアイテムとして上手に取り入れたいところ♪


画像は透明ガラスが入った建具に
あまっていたハギレの輸入生地を使って
目隠しのカーテンにしました。
建具枠の内側につっぱり棒をつけて
生地に少しひだをよせただけの
だれでもできる超カンタン施工です♪


フレンチスタイルのインテリアは
基本的に白が多いお部屋が多いですが
上品な柄物のファブリックを挿し色に取り入れると
お部屋のかわいさがぐーんとUPします。






さてさて



来年、越谷市に建築のご予約をいただいているお客様が
週末久しぶりにモデルハウスにいらっしゃいました。


「すいませんが、予定してる図面
ちょっと変更してもらいたいんです〜」


「あらら、どうしました?」


「子供部屋、もうひとつ作ってください☆」


「きゃ〜おめでとうございますぅぅぅ♪」


来年は3人目の赤ちゃんが生まれる予定の
うれしいニュースでした。
新しいおうちと赤ちゃんが同時にやってくる
素晴らしい年になりますね☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

洗面化粧台特集。

マルミハウジングの公式ツイッター始めました☆
いろんなスタッフみんなでつぶやきます。
よろしければフォローお願いします♪


さて


マルミではお施主様のご希望がないかぎり
TOTOとかINAXとか
メーカー品の洗面化粧台は使いません。
洗面化粧台は
1棟1棟デザインして造作で造るので
それぞれ違うし、個性がでます。
家族のプライベートな空間なので
遊びココロがでる部分です。
本日そんなこだわりの洗面台を特集します☆


ナチュラルフレンチテイストの手洗いスペース。
仰々しくない、小ぶりなペデスタルシンクを使いました。



チョコレート色のモザイクタイルを貼った手洗いコーナー。
白い空間がぐっと締まって見えます。



カントリー調の洗面化粧台コーナー。
オレンジ色の花柄でおもいっきりかわいい空間に。



ハワイアンテイスト好きの洗面化粧台。
はっぱの形の洗面ボールとイルカの水栓で遊びココロを。



甘いフレンチテイストの洗面化粧台。
化粧台の足2本がおしゃれポイント。


というわけで
これまでたくさんたくさん造った
洗面コーナーの一部をご紹介しました。
毎回違うものをデザインして、造るので
今度のお客様はどんなのが好みかしら、と考えるのが
とーっても楽しいんです♪

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

和室のコーディネート。

リクエスト第二弾。
和室のコーディネートです☆


リビングにつながる小上りの和コーナーです。
クロスはリビングとおんなじものを続けて使い、
アクセントにラベンダー色のきれいなクロスを使いました。
ナチュラルスタイルの和室です。



こちらはモデルハウスの和コーナー。
タタミではなく、麻のカーペットを敷いています。
アクセントクロスにはシックなモノトーンの花柄をチョイス。
カーテンはレースのテーブルクロスをさりげなく掛けて。
大人フレンチの和コーナーです。



リビングに続く6帖の和室。
クロスはたまごの殻を使った、天然素材のクロスを使用。
のっぺりしがちなクロス仕上げも
たまご殻の質感でひとあじ違った雰囲気になります。



前モデルハウスの和室のコーディネート。
当時流行だったアジアンテイストな和室にしました。
琉球畳と幾何学模様のクロスを合わせて。
魅惑的な赤のシアーカーテンでインパクトも持たせます。


和室は、コーディネート次第で
いろんな雰囲気が楽しめます。
ポイントは“和室”という既成概念を捨てること。
自由な発想でコーディネートを楽しみましょう〜♪

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(5)

多灯つかい。


モデルハウスのリビング。
吹抜けにダウンライトなのですが
図面や資料を見てお話するには
手元が少々暗い。


そこで
ペンダント照明を増設しましたー。
ゴブラン織りの、ちいさいやつ、3つ。
イメージどおりのものが見つからなかったので
アンティークのシェードだけ購入して
灯具は新しいものをちょい加工しました。
ペンダントコードの長さも
電気やさんとあーだこーだ言いながら
微妙な位置を決めました。



天井の真ん中にシーリングライト1こ、っていう
定番の照明計画はほとんどしません。
ナチュラルなイメージには
多灯つかいのペンダントが
よく似合います☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ナチュラルスタイルのクロス選び。

はて?
私はクロス(壁紙)を選んでいったい何年たったのでしょう。
ブランクを除いても15年、いや、もっとかも…
手掛けた物件やお部屋は何棟になるのかは、もはや不明。
ぎゃーっっ!!
おそろしや〜おそろしや〜
知らぬ間にベテランの域に達しておりました(笑)
本日はリクエストにお答えして
ナチュラルスタイルのクロス選び(水廻り編)
についてご紹介します☆



あま〜いスイートラブリーなテイストの洗面所。
アクセントクロスにキャスキッドソンの輸入壁紙を貼り
その他の面は白い小さなれんが積み風のクロスの組み合わせ。
奥様いちばんのお気に入りのスペースになりました。



こちらはぐっとシンプルにカラーだけで魅せています。
人気のラベンダー色で統一した洗面スペース。
白とグレーを基調としながら
建具よりワントーン低い明度の
上品なラベンダーカラーをアクセントにチョイス。
ナチュラルフレンチの洗面所です。



クラシカルな雰囲気がお好みのお施主様のトイレ。
深いモスグリーンを正面アクセントにして
他面は伝統的な柄クロスをチョイス。
堅苦しくない、ホテルライクな仕上げ。




北欧テイストをオーダーされましたお施主様のトイレ。
大胆でカラフルな柄クロスをアクセントに、
温かみのあるベージュのもこもこしたクロスを
組み合わせました。



ナチュラルフレンチの王道をいく
トイレのコーディネート。
淡い単色ブルーの花柄クロスをアクセントにして
他面はすべて鮮やかな白。
さわやかかつ、かわいいトイレになりました。




柄クロスはちょっと大胆かな?くらいのものを選んだほうが
満足度が高いです。

花柄などに抵抗がある場合
モノトーンや単色刷りの柄物を選ぶと失敗がありません。

色クロスは床や造作材(建具・巾木・廻り縁など)を
よーく見てバランス第一に考えてください。



インテリアコーディネーターのプロとして
ある程度経験を積めば
尺角サンプルを見ただけで
だいたいこんな部屋になる、というイメージができます。
ですが初めてクロスを選ぶ場合そうはいきません。
膨大な量のちいさなサンプルを見て、
大きな壁をイメージするのは至難の業です。
なので、専属ICが付いてくれている場合
プロの提案をじっくり聞いてみましょう。
担当ICが自分の望むイメージを的確に把握できているか。
そこがいちばん大事です。



余談ですが
トイレはその部屋の性質上、
壁を近接してじーっとみる機会が多い場所です。
すると…ジョイント(つなぎ目)部分が気になったり、
壁の下地のでこぼこが気になったりします。
薄手のクロスや紙クロスは施工難易度が高く、
どうしても施工粗が目立ちやすい。
そういうの気になるタチの方は
なるべく厚手のクロスを選びましょう〜。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(4)

麻&綿のカーテン。


S様邸は麻&綿のカーテンをご提案しました。
ファブリックは
麻の含有率が高いとぱりっとした生地感に
綿糸の含有率が高いとやわらかい生地感になります。



ちょうど半々くらい含有率のこちらのドレープカーテンは
安っぽくならず、優しい風合いで
ナチュラルな雰囲気にぴったりとなりました。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

アンティークシャンデリア。


モデルハウスの2代目アンティークシャンデリア。
100年ほど前のフランスの品。
かわいらしいさの中にも気品ある華やかさ。
フレンチスタイルにぴったりのこのシャンデリアに
ひとめぼれしましたー。



こちらは1代目モデルハウスのアンティークシャンデリア。
模様がえを機に、新築したお客様のおうちへお嫁にいきました。



子供の頃
シャンデリアといえば
赤い絨毯のひかれた温泉旅館のホールのど真ん中に
どかーんとぶら下がっている
派手派手でぎらぎらしたイメージで
特に魅力を感じたことはありませでした。
しいて言うならば
なんか上品じゃないなぁと感じたものです。



現在
ナチュラルフレンチのインテリアに
きらきらしたシャンデリアを加えるのは
もはや定番です。
シャビーシックなテイストにも
ゆらめくシャンデリアの灯かりはとてもよく似合います。
アンティークのちょっとたかーい品であっても
雑貨やさんのリーズナブルな品であっても
私のシャンデリア選びのポイントは
“上品な美しさ”
装飾性の高いシャンデリアはちょっと間違えると
下品な印象になりがち。
ふつうのおうちの中にしっくりと馴染むような
そんなシャンデリアが理想です。


でもやっぱりシャンデリアは
インテリアの主役級になるアイテム。
本当に気に入ったものと出会えるのを探すのも
楽しいかもしれません。
アンティークの一点物は
これだ!!と思ったものに出会えたら
即買いです(笑)

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

和レトロ+北欧インテリア。

O様邸は只今内装打ち合わせ真っ最中〜♪
クロス、照明器具、造作家具、カーテンetc…
施主様にとって
いちばん楽しいけどいちばん迷う…(笑)というところです。
O様邸はレトロな和風をベースに北欧インテリアの要素を
加えていきます。
昨今のインテリアは
ベースとなるテイストに別のテイストを“ちょい足し”するのが
流行です。


さて照明器具コーディネート。
私がどーしてもオススメしたかったのが
北欧インテリア好きの憧れ
シンプルかつ、スタイリッシュ、かつ、かわいい
ルイスポールセン、ph5↓

どうかなーと思いつつご提案したポールセン、
カラーはぜったい上品な淡い“ワサビ・グリーン”
最初はとまどっていらっしゃったご主人も
だんだんノリノリになってくださり
最終的には絶対コレ!とおっしゃっていただきました♪
和レトロにシックにまとめたインテリアの中
フォーカルポイントにポールセンのペンダント照明。
こりゃ素敵にならないはずがナイ。。。
いまから楽しみ〜☆


名作といわれるデザイナーズ家具やデザイナーズ照明。
どこか、ここってとこに1ヶ所だけ、
おもいきって取り入れてみると
お部屋のグレードがワンランクアップします。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

白。


「こんにちは、わたちのしろいおうちですよー」 BY三郷市のSちゃん


“白”という色は
なんでもあわせられるし、失敗はないし、無難だし、と思いがちですが
じつはいちばん存在感のある色です。

純白のドレスや真っ白なワンピースなんて
花嫁さんかアイドルしか着こなせません。
アラフォーにもなると
白い服を着ること自体勇気がいります。
白の輝きが肌のシミやくすみを
ありありと浮かび上がらせるからです。


インテリアも同様のこと
白が他色をひきたたせてくれる役割があります。
本日の画像は
白い壁の一部にアクセントカラーとして
ラベンダー色のクロスをチョイスしました。
ラベンダーの優しくみずみずしい色の美しさが
白の輝きを受けてよりいっそうひきたちます。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

魔法のアイテム。


越谷レイクタウンO様邸にチョイスしたドアノブ。
かわいいまぁるいガラスノブと
台座のカタチがレトロな真鍮のノブ。
黒い陶器のオーバル型のノブ。
塗装するドアの色と合わせながら
コーディネートを考えます。




いろんなカタチや素材のドアノブ。

キラキラしたりころころしたつまみ。

表示錠にスイッチプレート。

アイアンのフックやブラケット。


家つくりの中で
こういう小さなこまごましたものって
女子の気持ちをわくわくさせる
不思議な不思議な魔法のアイテム。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

かわいい玄関。



HPギャラリーにナチュラルガーデンリフォームUPしました。
ご覧ください☆


さて

お届け物や用事があって
知り合いのお宅の玄関先に初めて行ったとき
玄関廻りが素敵にディスプレイしてあったりすると
あーこのおうちの家族はみんな
きっとしあわせなんだなーと思う。


玄関はおうちの顔。
ちょっとおめかし、くらいが
ちょうどいいのかも。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ふんわりした窓辺。

先日お引渡ししたさいたま市Y様邸。
カーテンのコーディネートもご依頼いただきました。
Y様のご希望は“かちっとしない、ふんわりした窓辺”。


☆リビングルームの3連窓☆
高めの位置にフックをつけて
リボン結びでかわいらしく。
麻生地を床より30センチほど長くとり
片側でふわっと持ち上げるように掛けます。

麻生地のシンプル感を生かしつつ
端部にレースのバイアステープでポイントをつけ
さみしくならないようにひと工夫。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆和室腰窓☆
こちら和室のカーテン。
大きめの切替があるボーダー柄の生地をチョイス。
やわらかさをだしたかったので
フラットカーテンにして両脇でくるっとひっかけて
シンプル&かわいいを実現。
上部はフックにリボン結び留め。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆ダイニングルーム☆
CLARK&CLARKの「Meadow」をコーディネート。
カーテン上部にレース生地の切替を入れて
大柄のお花柄を生かしつつ、かわいらしさを演出。
タッセルもレースで作成。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆子供部屋☆
子供部屋は人気のある
HARLEQUIN の「Distant Shore」
元気いっぱいのポップな柄と
鮮やかな発色のブルーがお部屋を引き締めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆玄関の小窓☆

CLARK&CLARKの「tea cups」とドット柄のレースで切り替え縫製。
流木を使ったカーテンレールにリボン結び。
かわいい&やわらかいイメージで。



吊り方や縫製の方法ひとつで
まったく違う雰囲気を演出できるカーテン。
ふんわりとやさしい窓辺が実現しました☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

雑貨ありき。


モデルハウスのコンサバトリーにつけた
オルネドフォイユのコードペンダント。
当時まだエスキースの段階で
図面も確定せぬまま
ひとめぼれして、先行購入〜

小さな雑貨や、かわいいつまみやドアノブなどの金物類、
気に入った照明器具や家具から
イメージが膨らむことがあります。
たまごが先か、にわとりが先か、的な(笑)



で、

照明器具ありき、でイメージしたお部屋は

こんな感じのコーディネートになりました☆


自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

造作家具で。


造作家具とは
お客様のオーダーでデザイン画をおこし
使用する材料を選択して
ぴったり寸法で作成する
特注の造りつけ家具のことです。


お部屋の雰囲気にあわせて
造作家具を依頼されることが多くなりました。
けっしてお安いものではありませんが
世界にひとつだけの自分好みのオーダー品ですから
満足度は高いハズ。

デメリットといえば動かせない、ということ。
しかし
地震の多い昨今
倒れたら被害が大きそうで
おそらく動かすことはないであろう食器棚は
いちばんご注文が多い家具です。

余談ですが
家具と天井に取り付ける転倒防止つっぱり棒は
本当にこれで安全なのか??と疑問だし
ビジュアル的に許せん(笑)



画像は草加市Y様邸にて造作家具でお造りした
テレビボードと一体型の収納家具。
ペンキ塗装の羽目板の扉と
アンティーク加工されたカウンター板材を使用。
ナチュラルな雰囲気が
お部屋にしっくりと馴染みます。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

アジアンリゾートインテリアな和室。


旧モデルハウスの和室は
アジアンリゾートインテリア風にコーディネートしました。

新築するにあたって
和室は便利だし、落ち着くから欲しいけど
家全体のインテリアにそぐわない和室はイヤ…とお悩みの方。
ちょっとアジアンな居酒屋風に
こんなイメージでコーディネートするのも
おすすめです☆




時々
HPやブログ、実際のマルミのおうちをご覧になった方から
お問い合わせをいただくことがあります。


あのクロスはどこのですか?

とか

タイルはどこのを使ってますか?

とか

あそこの家についてた照明器具は?

とか

あのお店にあったイスはどこのメーカー?

とかです。


対応できるかぎりご回答していますが
なんせインテリア関係は
私ひとりでやっているため
お調べするのに時間がかかることがあります。
施工例のおうちについての情報は
個人情報保護法とお施主様のご希望により
お答えできない場合がございますので
すみませんがご了承ください☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング


ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

おっぱいスイッチ。


なにげなく毎日触れるものには
細部にまでこだわりたい。


スイッチプレートもそのひとつ。
ナチュラルな空間にぴったりな
ころんとしたフォルムがかわいい陶器のスイッチ。
まるみ現場通称“おっぱいスイッチ”
略称“OP”
電気屋さんとの打合せでは
「もりちゃん、OPどこにつけるんだ?」
「えっと、OPはこっちにお願いします〜」
てな感じでやってます(笑)



時々見かけるけど
いくらかわいいからといっても
よくばってOPをたくさん並べてつけたり
あっちの壁にもこっちの壁にもOPがあるのは
美しくないと思う。
壁にたくさんならんだOPが
突起物みたいでコワイ。


ちょっとひかえめに。
ひとつの壁面にひとつだけ。
シンプルなかわいらしさをひきたてるために
インテリアの引き算します。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

見切り材。



巾木とは
床と壁の間にある板のことです。

廻り縁とは
壁と天井の境目にある板のことです。

ケーシング枠とは
壁とドアや窓の境目にある板のことです。



これらすべての見切り枠の役目は
掃除の時に壁を傷つけないため、とか
施工上の納まりのため、とか
多々ありますが
ここではひとまず置いといて〜
インテリアとしての見切り材のおはなしです。

まるみの得意とするナチュラルなシンプルテイストの家の場合
見切り材はほとんど溝のない、平らなものを使います。
シンプルな無塗装の平物に、自然塗料のペイント材で塗装します。
すると、ナチュラルな雰囲気に仕上がります。

反対に、
ちょっとゴージャスな輸入住宅インテリアをお好みの場合は
溝が多くある、せいの高い(でかい)見切り材を使います。
見切り材というより、お部屋をデコレーションする
モールディングになります。

ふだん、あまり気にしない部分ではありますが
見切り材によってお部屋の雰囲気は大きく変わります。

時に、見切り材を用いない場合もあります。
廻り縁がないほうが、デザイン上すっきりして好きだーという
デザイナーさんも多いようです。
私も階段には巾木をまわしません。
廻したとしてもごくせいの小さいものを選びます。
その方がすっきりするから。



あまり存在感のないこやつらですが
コーディネートを考えるときには意外な盲点。
さぁ、あなたのお部屋の中を見回してください。
たぶん、「あ〜こんなとこにあったのね」と
見切り材の存在に、ふと気が付くハズ(笑)
これから家を建てるのであれば
ジミな部分ですがちょっと注目するのも
いいと思います☆

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さてさて

マルミハウジングの新しいパンフレットに
たくさんの郵送ご希望メールをいただき、びっくりしてます。
これからも第二弾、第三弾と、
新着物件の写真集を随時作っていく予定です。
正直、予想外の反響で
そんなに多い部数をご用意してませんでした(笑)
先着順ですのでどうぞお早めに〜



これからご新築・リフォームを検討されている方はもちろん
以前資料請求したけどもっかい検討したい方!
以前マルミでおうちを建てて現在の物件を見たい方!
埼玉県はちょっと遠いけどインテリアの参考にという方!
マルミハウジングのつくる家にご興味がある方は
どうぞこちらまで。
順次ご郵送いたします。
ありがとうございまーす。
感謝☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

白プラス。


竣工直後の
家具も、照明も、カーテンもなーんもないキッチン。
すべて白。ベースに色を加えていません。
ここから、インテリアが始まる、という状態です。
気軽に変更することのできない
建築のベースとなる部分のカラーは
ほとんど白でまとめることが多いです。

無難に白ね〜と思ったら大間違い。
白という色は、実は圧倒的な存在感をもつ色。
純白の服、なんて
子供か、花嫁さんか、アイドルじゃなくちゃ
着こなせない。


白いお部屋をきれいに魅せるには
いくつかポイントがあります。
いちばんカンタンで効果的なのは
アクセントカラーに、少しだけ濃いめの色を入れること。
それだけで、のっぺり感が消えて
ぐっと締まった空間になります。
アクセントカラーをどんな色にするかで
ナチュラルにも
モダンにも
エレガントにも
自由自在に変化します。



白プラス。
ここから
住み人の色に染まる家。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

家具を買うとき。


おうちを建てれば
家具を買います。
多い、少ないは別として
なにかしら、“家具”というものを買うでしょう。

大型家具店やインテリアショップ、IKEAやニトリでも
テイストごとに家具、カーテン、ラグに小物まで
完璧にコーディネートされたブースがあって
客にイメージを湧かせ、購買意欲を高める戦略が計られています。
たしかに、
ソファ単品、テーブル単品、ベット単品で見るよりも
よっぽどうきうきするものです。
プロがコーディネートしたスペースはとってもステキだし
ああ!これならウチでも実現できるカモ〜!と思わせますが
うっかりだまされてはいけません。
おそらく、実際に実現は不可能です(笑)


では、快適なお部屋をつくるために
なにを基準に家具を選べばよいのか?
それはとっても単純。
部屋の大きさにあった家具を選ぶということです。
インテリアコーディネートと
ファッションのコーディネートはおんなじ。
どんなに高価でステキな家具も服も
サイズの合わなければかっこよくない。



家具の配置はすみごこちに大きく影響します。
ため息が出るほどステキなお部屋であっても
すみごこちがよくなければ意味がありません。
動線をふさぐ大きなソファを毎日よけて歩くのはストレスです。
座ったら最後、人が通れないテーブルは不便すぎる。
ベットメイキングが出来ない大きなベットは不衛生〜。
お部屋は器、器にあったサイズの家具を選ぶ。


夢のおうちが出来上がって
新しい家具を買うときって
とってもシアワセで気持ちが舞い上がっています。

が〜

気に入ったデザインより、カラーより、テイストより先に
まずは冷静に(笑)
サイズを検討しましょ〜☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

遊びココロ。


こちらのお部屋は
キッチンのパントリー。
淡いグリーンのストライプの壁紙を貼って
食品庫のルーバー扉をほんのりピンクに塗装。
そして
施主様支給のめっちゃかわいい
スプーン&フォークの取っ手をつけました。


納戸、収納のカテゴリーに入るであろうパントリー。
陽の目を見るお部屋ではありませんが

だからこそ

こんなちいさな遊びココロ、
だいすきです☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ドアノブと表示錠。


ドアノブはかわいいのにしたい!とのご要望多し☆

ネットでも雑貨やさんでもかわいいドアノブがいっぱい。

新築にあたって、選ぶのが楽しいアイテムです。


画像はラベンダー色に塗装したトイレのドア。


ガラスの取っ手のドアノブに


同じゴールドの表示錠をつけました。


こんなトイレなら入るのも楽しくなります♪


自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ちょっと、輸入クロス。



狭小地に建つ3階建てのH様邸。
玄関の奥、階段下にぽっかりできた
突き当たり廊下スペースの壁に
アクセントクロスとして
キャスキッドソンの輸入壁紙を貼りました。


実は洗面所に使って少しだけあまった施主支給のこちらの壁紙。
廊下に使えたら使いましょ、と言いましたが
柄が大きいため、柄あわせができず、少しだけ足りないことが判明。

“柄あわせできないから使えません、ごめんなさい”とご報告したら

“柄あってなくていいの、貼ってくださぁぁい!!!”との

施主様のつよーいご希望により、張替ました。


よーくみると少し柄ずれしてますが(笑)
それもまたご愛嬌♪♪

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(6)

木目柄プリントのクロスは。


画像は白の羽目板調のクロスを天井に貼りました。
グリーンで塗装したチェッカーガラス入りの建具と
おしゃれなシャンデリアで
とてもかわいい雰囲気となりました☆



自然素材の家、がテーマのマルミのいえ。
できれば本物の素材をぜーーんぶ使いたい。

が、

ホンモノは高い。
どうしてもコストがかかる。
コストは大事。
お金かけりゃいいってもんじゃないし。




“木目柄のクロスを使いたいんですけどぉ…どうですかね〜?”

と、お客様によく聞かれます。
そんな時は

“遠目に見えるところにしましょ☆”

と答えます。
そう、天井。


最近のクロスのプリント柄はとってもよくできておりますが
やはり、近くでまじまじ見てしまうと…正直キビシーっ!と思う。
無垢の床や造作材などホンモノ素材の中にまじると
さらに違和感を感じてしまう場合あり。


でも
ちーょっと遠目で見ると
意外とOKだったりする。
こちらも同じ木目調のクロスを吹抜けの勾配天井に貼ってます↓


反対に
小さなドット柄や小花柄などは
遠目の位置に貼るとまったく柄が見えなくて
ただの白いクロスになっちゃたりする(笑)


クロス選びは
好きな色柄ももちろんですが
目線の位置や貼る場所も加味して
考えましょう☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

ナチュラルスタイルの家〜キッチン編〜

ネタきれにつき(笑)
本日からナチュラルスタイルの家について
いくつかシリーズで記事にしようかと思います。
第一回目はナチュラルキッチンです。



ホウロウのキャニスターやブレッドビン、
アンティークなキッチンスケール、
ル・クルーゼの鍋。

ナチュラルなキッチンへの憧れは
雑貨屋さんで見かけた
かわいいキッチンウエアが似合う場所が欲しい!
ってなことから始まるのではないでしょうか。
しかーし
見せる収納やディスプレイは汚れるからイヤ、
キレイを保つ自信なし、という声もちらほら…
かといって
飾りひとつ置かない、
徹底したシンプルなキッチン、というのも
せっかくのかわいいキッチンが
かわいそうであります。



そこで
私はほとんどの家に小さくてもパントリーを計画します。
パントリーがあると
片付けきれないもの、
見せたくないものはとりあえずここへ置こう!という
キモチ的余裕が生まれます。

その考え方が散らかる一因だ!と
お叱りをうけるかもしれませんが
主婦にとって毎日毎日の生活の場であるキッチン。
それくらいの気持ちの余裕があったほうが
ストレスがたまりませんよねー。

ディスプレイもしかり。
モデルルームじゃないんだからキッチンディスプレイは汚れます。
でも
ホウロウのキャニスターが油で汚れたらたまには洗いましょうかねぇ〜
今日はキッチンタイルの目地掃除でもしましょうかねぇ〜
くらいの気楽な気持ちで
かわいいナチュラルキッチンライフを楽しみたいものです。





断捨離が大流行の昨今
“収納を増やすと物が増えるから収納を多くしない”
“よけいなものは増やさない”
という貴重なご意見もありますが
そんなに固く、きちっと考えなくても
少しぐらい、汚れちゃってもご愛嬌の
ちょっぴりゆるい、ゆるかわキッチンが
ナチュラルキッチンにはちょうどいいのではないか、と
思うのであります☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ウッドブラインド。

個人的に好きなので
ウッドブラインドをよく使います。


南欧風インテリアにも使います。
全体的に落ち着いたインテリアでまとめたH様邸には
重厚感のあるダークブラウンのウッドブラインド↓



カジュアルなイメージのインテリアのI様邸には
パインの床材と同じナチュラル色のスラットに
青いラダーテープでポイントカラーを入れました。↓



ハワイアンなおうちにだって使えます。
M様邸には清潔感あふれるオールホワイトの
ウッドブラインドでまとめました↓



ブラインドときくと
殺風景なオフィスや
安っぽいイメージを抱かれることが多いのですが
今時のブラインドはデザイン性もすごく進化して
いろんなイメージに似合うようになりました。
とくにウッドブラインドはどんなインテリアにも
あわせやすいおりこうさんです。


なにより
ブラインド自体があまり自己主張しない
おとなしい子(?)なので
窓辺をすっきりと見せてくれて
他のインテリアを邪魔しないから
好きです☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

アンティークコーデのPCコーナー。



PC機器というものは
ナチュラルインテリアにどうにも合わないので
あまりどどーんと見せたくないなーなんて。
というわけで
設計段階でPCコーナーを計画する方が増えております。

本日の画像は
ほんの1.5帖ほどのリビングの一角のスペースを
PCコーナーにしました。


吹抜けを見下ろすはめ殺しのガラス窓は
使いこんだ感いっぱいのアンティーク建材。

パソコンデスクには
アンティークのミシン台。

古材を使って造った造り付け本棚、棚板。

正面の壁にごくごく淡いパープルのアクセントクロス。

照明ランプは裸電球のみ。


という感じに
アンティークコーディネートでまとめた
PCコーナーです。
使い勝手も大事だけど
ここは見た目重視で(笑)

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

対のお部屋。

海外では子供が赤ちゃんのころから
個室で寝かせる習慣がありますが
これは日本の文化にはあまり馴染まないようで
子供がまだ小さい場合
子供部屋は間仕切らずにドアを2つ設けて
ひとつにつなげて広いお部屋にすることが多いです。
大きくなったら間仕切り壁を増設して
2つの個室にできるようにするのです。

そんな時はなるべく平等に同じ大きさで
シンメトリーな対のお部屋にするように計画します。
せっかくの子供部屋ですから
ただひろいだけの、のっぺり感を避けるために
どこかに楽しい遊び心を加えます。



こちらは
12帖大のロフト付きの子供部屋。
同じ大きさの対でつくりました。


片方のお部屋のロフトの手摺は
カラフルなオレンジ色に塗装。


もう片方のお部屋の手摺は
あざやかなブルーに塗装。

すこ〜し、空間に色を加えるだけで
楽しい子供部屋の雰囲気を演出できます。



モデルハウスの対の子供部屋は
ドアの色を変えました。

マットな白に塗装、取っ手はグリーンで。

かわいらしいピンクに塗装、白い陶器の取っ手をつけて。



ちょっとしたことですが
空間に変化を持たせるというのは
とても大切です。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

無垢材と集成材

無垢の古材を突き合わせて作ったカウンター↓

無垢材とは
原木から角材や板を切り出したものです。
木の質感、風合いという面が魅力がです。
調湿作用があり、湿気の多い日は水分を吸収して、
乾燥している日は水分を放出します。
なので自然に縮んだり、膨らんだりします。


一方、集成材を用いてR曲面をつけたカウンター↓

造作用集成材とは
断面寸法の小さい木片を接着剤で再構成して作られる木質材料です。
安定性があり、使用が比較的容易なため、
建材やテーブルの天板などの家具素材として多く用いられます。



無垢材を内装に用いると
縮んだり膨んだりするためクレームにつながりやすく
コスト的にもアップします。

集成材は使い勝手がよく、家具や内装材に多様しますが
よりナチュラルな風合いを求める場合、
意匠的な満足を得られないときがあります。




無垢材、集成材のどちらがいいか、ではなく
どちらの利点をとりたいか、で決めるのがよいのでないかと
私は思っています。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング


ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ONLY ONE。


家の雰囲気にあわせて
造作家具のデザインもしてます。


いちばんご依頼が多いのは
キッチンに合わせた食器棚。
地震の影響で、倒れる恐れのある大型の置き家具は
なるべく壁に据付で、と考える方が多いようです。


画像はモデルハウスの造った
キッチンの食器棚です。
扉の面材にはガラスではなく、
バードゲージを採用。
丸見え、ではなくて半見え状態に(笑)
背板には羽目板を貼って
ほんのり淡いグリーンにペイントしました。


世界でたったひとつ、
ONLY ONEの食器棚です。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

白い表示錠とピンク&白いドアノブ。


これから取り付ける表示錠とドアノブが届きました☆

ころっとした陶器のドアノブは
手触りがやわらかく、
使うごとにいい味がでることでしょう。
ピンク&ホワイトは
お客様のお気に入りのテーマカラーのひとつです。

表示錠とは
“ENGAGED”トイレ入ってます、
の表示ができる、あれです。
使い勝手というよりも
ビジュアルのかわいらしさに惹かれます。
ホワイトの表示錠はめずらしい一品。


ドアノブやつまみ、引き手などの小さな金物たち。
なにげなく使っているものですが
そこにこだわるか、こだわらないかで
お部屋の雰囲気はがらり、とかわるのです♪

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

古材をつかう。



内装材に古材を使用して
アンティークっぽくするのが流行っています。


古材といっても
そのへんに落ちてる木のきれっぱしで、
というわけではありません(笑)
何年も使用できる材種でなければ
腐ってしまいます。


画像の古材を使用したカウンター棚は
サワラという材種の無垢板を使っています。
サワラは昔、お風呂桶、飯びつ、手桶などにつかわれた材種です。
温泉とかによくある、木の丸い桶がサワラです。
水に強く、ヒノキに近い香りがします。

今回使用したサワラは
すでに100年以上経過しているそうです。
施主様のご実家に保管してあったもの使用しました。
これぞ代々家に伝わる
正真正銘本物アンティークです☆


自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

カーテンにトリム。


ロマンティックなテイストがお好みのお客様のオーダーカーテン。
レース生地にキラキラビーズのついたトリムをつけました。

ふつうのレースカーテンが
これだけでロマンティック度格段UP☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ゆらめき。


ガラスを透過した照明の灯かりのぼんやりとした輝き。
かわいいデザインの照明器具はたくさんありますが
器具が本領発揮するのは、やはり点灯したときです。


造作建具に入れたフランスの気泡入りアンティークガラスは
すこし、向こう側の風景がゆがんで見えます。
そのガラスを通して見る照明器具の灯かりのゆらめきは
ほんのいっとき、心を和ませます。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

挿し色。


突然ですが
あなたのお部屋は整いすぎてつまんなくないですか(笑)



お部屋を同系色ばかりでまとめると、すっきりとはしますが、
単調になりすぎて停滞感を感じる事はあります。
そこで、別系統のカラーを少し加える事により、
ぐっとセンス良く、リズム感のあるイメージが演出できます。
この「少しだけ加える色」を「挿し色」といいます。
お部屋のカラーコーディネートをする上での
ちょっとしたテクニックです。

挿し色はインテリアコーディネートの教科書的に
全体のおよそ5〜10パーセント、といわれます。
が〜
実際計れるわけじゃなし。
これくらいが素敵♪と自分が感じる
感覚でいきましょ、感覚で。



本日の画像はモデルハウス1階の寝室。
全体をシックでモノトーンな色調で統一して
挿し色に艶やかな紅色のシアーカーテンを加えることで
より印象的なお部屋を演出しました☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(6)

光と壁。


いわゆる“塗り壁”とは
漆喰、リシン、モルタル壁などの左官仕上げの「湿式工法」の壁です。
現場作業なので手間はかかりますが、
材料の種類や調合方法で様々な質感や雰囲気が楽しめます。

“クロス仕上げ”は「乾式工法」です。
品質の安定性やコスト、メンテナンスの手軽さを最優先する場合は、
乾式工法のほうがメリットがあります。






ナチュラル系の家に人気なのは
やはり“塗り壁”の湿式工法です。
塗り壁の家に住むお客様が口をそろえておっしゃるのが
「夜が最高!」

エッチな意味ではありません(笑)
左官壁独特の凹凸に照明器具からの光源を受けた壁は
なんとも、それはそれは、味わい深い
やわらかな雰囲気を醸し出してくれます。


自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング


ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

壁。


解放感溢れる空間をつくるためには
大きな開口が欲しいところではありますが
壁面で建物を支える2×4工法では
耐力壁を設けなくてはならないので
開口幅などが制限され
大きなスパンをとるというのはなかなか大変です。

デザイン上欲しくない部分にも
壁を設けなくてはならず
さてどうしたらよいのでしょうかねぇ〜と
構造とデザインの狭間で
いつもアタマを悩ませるところであります。


そこで
耐力壁ではない壁を狙い撃ちして
デザインガラスを壁に埋め込んだり
壁面を生かしてニッチをつくってみたりします。
すると
壁に“抜け”の空間ができて圧迫感が減り、
なによりかわいい。


たかが壁、されど壁。
造作できる壁とできない壁はありますが
壁にちょっと一工夫してみるだけで
お部屋の雰囲気ががらりと変わります☆


自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

テレビ廻り。



テレビの廻りって散らかりませんか。
うちはすっごい散らかります。

子供の宝物ゲーム類、
増え続けるDVD、
あらゆるコントローラ、リモコンetc

そしてなによりも私が忌み嫌うもの、
それは
こんがらがってからみついて
ホコリがたっぷり吸った
電気コード類…

スキマの空いたTVボード家具の下は
ゴミとホコリの温床。


で、

ご新築を機に
たっぷり収納を設けて、
コード類もすっきりまとめられて
(電気配線計画も必要ですが)
なおかつ好みのインテリアとぴったりの
造作家具TVボードをつくる方が増えています。


本日の画像は
リフォームを機に造り付けたTVボード。
ナチュラルインテリアに合わせた
オリジナルオーダーです☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ファブリック!


ハワイアンリゾート風の家、
只今越谷市にて建築真っ最中です。

工期が短い物件のため、先取りでいろいろ決めていきます。
クロス、照明は決定〜
現在カーテンをコーディネート中ナリ。
最近はほぼまるごと一軒のカーテンコーディネートは
あまりやっていなかったので
久しぶりに見本帳をじっくり見ていたらうきうきしました。
やっぱり、ファブリックって、女心をくすぐります♪


リゾート風なイメージで設計した家ですで
もちろんカーテンも合ったものをセレクト中。
まるみ営業スタッフの現役サーファーY氏に
取り寄せた生地サンプルを並べて
「サーファー目線でどれが好きですか〜?」と聞いてみたりする。

ふむふむ、
現役サーファーはそう見るか☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

笠木。


室内に設ける手摺壁の頂部にかぶせて設ける木製の部材を笠木といいます。
見逃しがちですが
笠木の素材をひとくふうすると
ナチュラル感がいっそうUPします。

画像は天然生活的カフェ風の家、I様邸の腰壁の笠木。
使ったのは木目の自然な色の違いがきれいな杉の一枚板。
“ここっ、ここの部分、使ってっっ!!!”と
大工さんににじり寄って(笑)加工してもらいました。



室内笠木に輸入の古材を使ったり、
集成材でも自然な感じで塗装をかけてもいいですね☆
ちょっとしたところではありますが
こだわってみてはいかがでしょうか♪

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

嫁入りと新入り。


モデルハウスのシャンデリア、変わりました。

以前のシャンデリアもとーっても気に入っていたのですが
吹抜けの大きさに対してちょっとちいさめでした。
そこで
只今建築中のお客様のおうちにめでたくお嫁入り。
そして
この度新入りがシャンデリアが入りました。
フランスから輸入のアンティークの品。
派手すぎない感じが好き。



モデルハウスからお嫁に行ったシャンデリアは
新しいおうちにしつらえたかのようにぴったり☆




照明器具は
空間の大きさとのバランスが重要で、かつ難しい。
カタログや店頭で見たイメージが
自分のおうちに取り付けた感じとちがーう!!
なぁ〜んて。

よーく検討しないと
ありゃりゃーということが
一応インテリアのプロの私でも
時々あります(笑)

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

板チョコタイル。


テラコッタタイルといえば
定番はオレンジ色ですが
こんなチョコレートみたいな色もまたかわいい。
並べるとまるで板チョコみたいで美味しそう♪



フローリングはアンティーク加工を施した幅広のパイン材。
学校の床みたいで
そりゃ〜かわいい。


お客様のご希望は甘すぎないフレンチ。
白くてちょっとかわいい建具や家具も
床材の色味のトーンを落とすと
ぐぐっとしまって、甘さをすっきりおさえます。


床材って、お部屋の雰囲気を大きく左右します。
慎重に選びましょ☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

色気のある洗面台。



メーカーさん、ごめんなさい。
たしかにシステム化された洗面台は
収納がいっぱいで、機能性ばっちりで、お掃除しやすくて。
とても使いやすいです。

でもでも

なんでしょう、あの
カンペキすぎるつるりとしたいでたち。
寸分の狂いもない水廻り界のTHE優等生という趣。
どーにもこーにも
色気がない…


ちょっと使いづらいとこもあるけど
痒いところに手が届く収納力はないけど
私の場所はココよ!と主張する存在感。
大事にしてくんないと泣いちゃうから!
といわんばかりの自己主張。

造作家具で造る洗面台からは
むんむんと色気がただよいます。
(エッチな色気じゃなくてね。)

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

シャンデリア。



シンプルでシャビーな空間に存在感のあるシャンデリア。
店舗などでよく見かけるコーディネート。


“シャンデリア”というだけで
結婚式場によくあるみたいな
ギラギラ眩いシャンデリアをイメージするのでしょうか
即座に拒否反応を起こす方もいます。

そんなに気構えなくっても
お住まいが豪邸じゃなくっても
シャンデリアは選びようによって
一般住宅でも十分取り入れられるし
空間をぐぐっと華やかに演出してくれます。


私が好きなのは
時を経たアンティークのシャンデリア。
パーツが欠けていたり傷があったりするけど
大抵はアタマより上にあるわけだから(笑)
家具よりはぜんぜん気にならない。



画像はモデルハウスのアンティークのシャンデリア。
ごってりゴージャスなのも好きだけど
こんな感じで
シャンデリアのくせに
ちょっと控えめなやつが好きです。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

吹抜けに舞うテーブルクロス。


吹抜け窓にカーテンつけるかつけないか。
お客様が迷う率90パーセント(自分調べ)。


電動で昇降できる商品もありますが
そこまでしまくてもねぇ〜と思うところ。

カーテンを開け閉めしたいのであれば
ながーい操作用のひもがぶらぶら〜と垂れてきます。

画像はモデルハウスの北側玄関吹抜け窓。
開け閉めすることもないし、
ここは、いっそのこと
装飾性だけを重視してみました。


フランスアンティークのテーブルクロスを
左右にフックにひっかけておしまい。
なんともシンプルですが
上品で華やかな雰囲気☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(4)

ドア!ドア!ドア!


日々着々と進む現場♪

造作大工工事の時はまめまめに現場へ行って
図面と現場の相違がないか、
デザインとイメージが違わないか
細かくちぇーっくっ。
本日は内装建具(室内ドア)が現場入りしておりました。

これから、
バターミルクペイントでしろーく塗装して、
フレンチスタイルの定番ガラスノブを取り付けて、
表示錠つけたり、などなど
手間のかかる作業が待っております(笑)



ドアというのは
部屋と部屋を仕切り、繋ぐ役割の機能的製品です。
でも
私は室内装飾、つまりインテリアのひとつと考えています。
“ドア”でお部屋の雰囲気ががらり、とかわるものです。



お部屋に飾る大きな絵のような気持ちで
ドア選んでみてくださいね。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

麗しき金物たち。


個人的に
私がすごーくこだわること。


それは

金物類。

地味で、目立たない部分ではありますが
ここにこだわるか、こだわらないか、で
全体の仕上がりがぜんぜんちがぁーう。


アンティークな雰囲気は好きだけど
あんまりボロいのはニガテ…というなら
金物だけレトロ調やブロカント調なものにすると
しつこくならず、
よい雰囲気になりますよー。

おためしを☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

インテリアレッスン!



ネタ切れにつき(笑)
インテリアコーディネーターがご提案する
素敵なお部屋の演出法をご紹介いたします。


最近とても多い、
壁面を少しくぼませてつくる飾り棚、通称ニッチ。
マルミの家にも標準仕様でついてきます。
玄関につくることが多いのですが
なにをどう飾ればよいのやら…と
アタマを悩ます方も多いようです。


そこでご提案。


“トーキングピース”をご存知ですか?

ホームパーティの盛んな欧米では
ゲストの興味を引きそうな小物をいたるところに飾って
会話のネタにする、という習慣があります。
自分の趣味の物や家族の写真や旅の思い出の品など
さりげなーく置いて会話のきっかけにするのです。

んならば
玄関のニッチはトーキングピースを飾るスペースにぴったり。
季節ごとの小さな花を生けたり、
写真もかわいくコラージュしてみたり
お気に入りの小物を組み合わせてみたり。
自分と家族の個性を素敵に演出。



コツはただひとつ、

置きすぎない事。

あれもこれもとぎゅーぎゅー詰めにせず
ゆったりと、スキマをもうけてディスプレイする。
「これでどぉーだーーーっ!!!」と飾らず、
(ごくたまぁに見かける、玄関が家族写真館はNG…)
あくまでさりげなく、上品に。



大きなスペースをディスプレイするのは難しくても
小さなニッチならきっとカンタン。
お気に入りのトーキングピースを飾って
センスのよいニッチを演出してみてください☆


自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

アルミとホーロー。


アルミ傘のランプシェード↑

アルミとは、ボーキサイトという鉱石が原料で
軽くてリサイクル可能な環境に優しい素材です。
腐食するとアルマイト加工面から穴が空いたりします。



ホーローのランプシェード↑

ホーローとは鉄やアルミなどの金属を下地にして、
その上にガラス質のうわぐすりを高温で焼きつけコーティングたもの。
ぶつけると表面のコーティングが剥がれることあります。


どちらも素朴で、かつ、かわいい。
ナチュラルフレンチなテイストにぴったりで
金額もリーズナブル。
まるみのお客様にとても人気がある素材です。




インテリアを考えるとき
デザイン性はもちろんのこと
マテリアル(素材)も十分考慮すると
よりいっそう素敵な仕上がりになりますよ☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

白と青。


“白と青”は
日本人の感覚の中でも最も好まれている組み合わせです。
澄んだ青い空に浮かぶ真っ白い雲というイメージ。

12色相環だの、マンセル色相だの、専門的に色彩の勉強をすると
あーなるほど、
だからこの色この色の組み合わせはしっくりくるのかーと思うのですが
小難しい理論は抜きにしても
やっぱり“白と青”は
お互いの色の美しさを引き立てる、
ベストな組み合わせです☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

日本の伝統美。


屋久杉を使ったオーダーの和家具が出来上がりました。

無垢の屋久杉の細かく繊細な木目を生かした浮造り仕上げ。
取っ手は日本古来のデザインの重厚感のある鉄。
抽斗の中は桐、という
まさに一生物の注文家具になりました。



いつも造作家具をお願いしている家具職人のSさん。
その道ウン十年の、年輪を感じる一流の家具職人さん。
30年程前は総桐の和箪笥や、豪奢な婚礼箪笥なんかも造ったそうですが
今は洋家具ばかりで、ほとんど和風家具の注文はないそうです。
今回、久しぶりに職人の腕がなったそうで、
家具職人さんのスゴさにあらためて感動。


家具職人Sさんは、
頑固で、近寄りがたくて、無愛想で、まさに職人!てひと。
でもでも私の尊敬する、大好きな職人さん。
造作家具に関することで私がどんなにアホな質問をしても(笑)
懇切丁寧に、理解するまで、教えてくれます。

Sさんがすごいなーと思うのは
300万の注文でも3万円の注文でも
同じ情熱とテンションで対応してくれるところ。

どんな仕事も金じゃない、というその真剣なまなざしは
本当に、心から“家具造り”という仕事が大好きなんだなーと思う。
そんなSさんの仕事に対する姿勢に
いつもいつも感動して、見習いたいと思う私であります。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ローラアシュレイの壁紙。



英国伝統のホームファニッシングブランド、“ローラアシュレイ”
エレガントであり、かつカワイイ。
伝統的であり、どこか新鮮。
大好きなブランドのひとつです。



輸入クロスは防火認定がとれていない場合があるので
使用するお部屋に注意が必要です。
そして、
コスト的にはやはり、ちとお高い…

な・の・で

私はアクセントクロスとして使うことが多いです。
ぱっと華やかな色合いと大胆な絵柄は
壁のほんの一面だけでも十分印象的。
国産クロスにはない、独特の雰囲気があります。
画像は現在施工中のW様邸。
タタミコーナーの一面に
ローラアシュレイのあじさい柄のクロスを貼りました。


でー

今、この記事を書くのにローラアシュレイのHP開いたら
偶然にも同じあじさい柄がトップページに使われておりましたー☆
はははーびっくり♪

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(8)

空間の演出。


デザイン画からおこして家具職人さんに造ってもらった
シンプルで白いナチュラル系の建具。
ころっとしたレトロな取っ手を合わせてみました。


これだけでも十分、
いや十分すぎるほどカワイイ。

でも更にそこに何か足したり、引いたり、するのが
インテリアコーディネーター的おしごと。
いわゆる“空間を演出”するわけです。

ブログ内でもお問い合わせのあった花柄のカーテン。
建具を開けたときにぶつからないよう
じつは緻密な計算の上、取り付けてあります。



“空間を素敵に演出する”ことと“施工上可能であるか”
ということがせめぎ合い、結果
“そんなの必要ないじゃん”
ていわれてしまうのはよくあることです。

あってもなくてもいいことを真剣に考えるのことが
インテリアコーディネーターのお仕事だとよくいわれます。

単純に住まう、ということを考えれば
“空間の演出”なんつーもんは
必要のないことなのかもしれません。

でも

人間が人間らしい暮らしをする上で
お気に入りの空間に住まう、ということは
精神衛生的にも、家族の幸せのためにも、
結構大切なのではないかと思うのです。



私の本業はインテリアコーディネーターではありませんが
トータルでの家つくりを考えた場合、
“空間を演出する力”というのは
住宅を設計をする上でなくてはならないものであり、
ずっと勉強しつづけなければならないことだと
思っています。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(4)

窓辺のイメージ。


サンゲツROMANE CK9135。 
明るい暖色系のイエローに
浮き出た花柄の刺繍が華やかできれいなカーテン布地。
南欧風のインテリアにぴったりのファブリックです。


家を新築をすると
カーテンは必要です。

しか〜し
建築中は他に決めることがたくさんありすぎて
カーテンのことがすっぽりアタマから
抜けおちてしまうお客様多し。
しかもカーテン工事は
家づくりの最後の最後の最後。

「もう予算も時間もなーいっ!!!
とりあえず○トリで既成品買うからいーや!!」

ってなお客様が多い現実。
ちょっと、さみしくなります。



お金かけてびしっとオーダーカーテンつけなくたっていいんです。

既製カーテンにビーズやレースをつけたリメイクだってオシャレ。

奥様が布地から選んでこつこつ手作りカーテンはとってもステキ。


少なくとも施主様は
最初の段階で図面を見たときに

ここはこんな窓辺にしたい!

というイメージだけは
持っておくべきだと思うのであります。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(8)

ナチュラルスタイルのTVコーナー。


最近のテレビって、とにかくでかくなりましたね。

ひとむかし前
家電はすべて隠しましょう、とか
家電は目立たせずに、みたいなのが
流行ったりしましたが
ここまで巨大化すると
下手に隠すのは無理だし、かえって格好悪い。



そ・こ・で

私はプランニングの段階から
テレビのコーナーを検討します。

よくマンション等で見かける
壁から天井までの収納をからめた大型家具のテレビボードは
きっちりしすぎてあんま好みじゃない。
いっぱい収納できるだろうけどー
天井までこまごまと仕切られた棚や扉が
ものっすごい圧迫感。


市販のテレビボードは
デザインも価格も豊富ですが
置きたい場所にジャストサイズはムズカシイ。
床巾木が家具にぶつかって
いくら寄せても壁にぴったりと置けない。
などの難点あり。



そこでそこで
計画の段階からテレビの位置を決めてしまい
こまごまとした細工を施します。


画像は


無垢の集成カウンターとチェッカーガラスを使った
白いかわいいオーダー家具のテレビボードをぴったりと設置。

テレビの裏の壁は白く塗装した羽目板。

両サイドにシンメトリーに配置した照明器具。

あわせてシンプルな飾り棚を2段づつ。

窓はテレビで隠れてしまわない様に高窓。



ナチュラルスタイルの敵、家電が主役という
難しさもありますが
大型テレビもしっくりと空間に馴染んだ
ナチュラルなテレビコーナーになりました☆

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(2)

ナチュラルスタイルのカラーコーディネート。


インテリアコーディネートで
とても重要な要素が
カラーコーディネート。

ナチュラルインテリアでは
ベースカラーになるのはもちろん“白”
純白の白も好きですが
生成り色、アイボリーなど
やわらかい白もよい。

白ばかりだとぼけるので
そこに好きな挿し色を加えます。
なに色がいいですか?って
よく聞かれますが
お好きな色で、といつも答えます。

一般住宅においてのカラーコーディネーションは
モデルルームや店舗設計と違い
色相理論とかマンセル色相体とか
こ難しいこと抜きにして
好きな色を挿し色にしてほしいなーとおもうので。

本日の画像は
ナチュラルなアイボリーの空間に
きらきらひかるブルーガラスの照明を挿し色にしました。

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(4)

なに飾る?



今週、遅い夏休みをいただきました。
3日程。

1日目 ひたすら寝て過ごす。寝すぎて頭痛。

2日目 エステサロンに行く。癒される。

3日目 美容院に行く。伸びきった髪を切る。

という
あまり実りのない3日間をすごしましたが
とりあえず体力回復↑↑↑

働くアラフォー仲間にうらやましがられますが
私は仕事と私生活のアタマの切り替えが早いのが自慢です。

家に帰ると仕事のことはほぼ、忘れます。
なので毎朝出社すると
「はて?今日何するんだっけ???」
となります。

ですから3日も連休しましたら
仕事上の記憶はほぼ消失しておりまして
現実を思い出すのにしばらくかかりました…ひーん(汗)




本日の画像は
腰位置くらいの高さで造った造作収納家具の
出幅40センチくらいのでっかいカウンター。
写真飾ったり、花飾ったり、雑貨置いたり。
女の子の大好物なディスプレイスペースです。

収納充実させてすっきりさせるのもよいですが
ちょっとだけ、こんな遊べるコーナーがあると
生活にうるおいを与えられます。
さて、なに飾る?

自然素材の南欧風プロヴァンスハウス・ナチュラルリフォームはマルミハウジング

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ナチュラルな窓辺に。


カーテンやさんが困っています。

「プロが作った感じじゃなくって、
家庭の奥さんが自分で手縫いしてつくった
カーテンみたいにして」


という
無理難題を私がいうから。