<< ふきぬけの景色。 | main | やっぱり白が好き。 >>

回想。


レイクタウンK様邸、来月竣工予定。
足場がとれてすっきりん。
引渡しに向けて現場は
バタバタとあわただしくなります。



建築業界に足を踏み入れたばかりの20代の頃。
先輩設計士に
「とにかく現場に行きなさい、現場をみなさい。
図面だけではわからないことがたくさんあるから」
と言われ、しぶしぶ現場に行ったものです。

当時、建築現場にほとんど女性の姿はなく
まだ若い私は自意識過剰だったから
じろじろ見られたりするのが
イヤでイヤでたまらなかったし
職人さんはイカつくてコワイし
「現場に行く」と会社を出て
車で時間をつぶしたことも数知れず(笑)

大工さんに何か聞かれても
尺で話されるとすぐ??になってしまう。
休憩時間に職人さん達が話す言葉は
まるで外国語のようでさっぱりわからない。
ただぼーっとしているわけにもいかず
ホウキもってウロウロと掃き掃除するのが精一杯で
孤独感と、恥ずかしさで
もーやだやめたいと何度も思ったものです。

でもある日。
本当にある日。
まるでスピードラーニングみたいに
まったく意味がわからなかったことが
少しづつわかるようになってきた。
あーそういう意味だったのか、とか
図面のここはこうなってるんだ、とか
職人さんの言ってたのはこういうことか、とか
ひとつ分かると次につながる。
イモヅル式にいろんなことが理解できてく。
分からなかった問題がひとつずつ解けていくようで
そしたらだんだん現場に行くのが面白くなった。


歳を重ねて今では
すっかりずうずうしくなったので
えええーここ違くない?とか
ここはこういう風に納めたいんだけどーとか
職人さんに言えるようになったけど
まだまだ現場では発見することがたーくさんある。
そんな時は
ホウキ片手にいやいや現場に通ったあの頃を
ふと思い出したりするのです。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(2)

この記事に対するコメント

あぁ、同じく。
現場がちょっと苦手だった若かりし頃。
納まりの話をば〜っとされてわからないのに首を縦にふり、後からわかっていないことが判明して大工さんにこっぴどく怒られたことがありました(涙)
それ以来、どんなに「は?」と冷たい目で見られても恥ずかしくてもわからないことはその場で何度も質問して納まりを覚えました。

で、今では現場大好き!大工さんも職人さんも大好き!
年を重ねたので「ね〜さん」と言われることが増えてきたのは気のせいかしら?笑
shima | 2016/07/01 8:47 PM
>shimaさん

あるある!現場の苦い想い出、私もたーっくさんあります!!
今だに職人さんに怒鳴られてますが…(愛ある怒号です 笑)

でもそうやって、現場でプライドというか自信みたいな類のものをボキボキにボコボコにされて、それでもめげずに立ち上がって、立ち向かって、そこでようやく半人前くらいになれるのかなって思います。かならず越えなくてはならないハードルですかね〜。

shimaさんの現場ヘルメット姿、以前どこかの画像で見かけたけど意外と似合ってたー(笑)
morimori | 2016/07/02 5:40 PM
コメントする

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

森玲子(もりれいこ)REIKO MORI

株式会社マルミハウジング 建築デザイナー
二級建築士・インテリアデザイナー・インテリアコーディネーター
住宅設計・店舗設計・家具デザイン・インテリアコーディネートまで幅広くご提案。
ナチュラルで優しさあふれる穏やかな空間つくりを得意とする。

創業40年の歴史を誇る埼玉のナチュラルスタイルハウスメーカー・マルミハウジングHPはこちらから。
http://marumi-housing.co.jp

Recent Comments

Archives