シャビーシックな庭。


色とりどりの花々が咲き誇る華やかなお庭も素敵ですが
個人的にはシンプルで色数の少ない
シャビーシックなガーデンデザインが好きです。
画像はモデルハウスの北側、
建物の基礎部分を隠したくて外壁添いに造った花壇。
植物は草花のグリーンと白い花だけ。
建築当初、れんが積みの花壇は白いペンキで塗ったのですが
自然に剥がれてきてなんかいい感じになった(笑)
アンティークれんがを石畳にしました。


春ですね、
外壁をつたう白い花(名前はわからん…)がかわいい。
こちらモデルハウスの軒先にツバメが巣をつくり始めました。
昔はツバメが巣をかける家は
「縁起がいい」、「吉事がある」、「病人が出ない」
などと喜ばれたそう。
いいことあるかな〜☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

畳+ナチュラルスタイル。



“畳は座るため半畳、寝るために一畳 〜禅の言葉より”

モデルハウスのリビングの一角。
3帖の小さなタタミスペースです。
25センチ程小上がりにして、収納をつけた設計。

“タタミスペース”と言っていますが
じつは畳を使っていません(笑)
ナチュラルスタイルのリビングに似合うように
麻のカーペットを敷きこんでいます。
壁はモノトーンの花柄のクロスをアクセントにしています。
西日の入る窓には
美しいレース編みのテーブルクロスがカーテンの代わり。
カーテンレールは本物の流木を漂白して白くした手作りです。

ソファにお客様、スタッフはここに座って横座で接客したり
小さなお子様を遊ばせたり、
お昼寝してしまった赤ちゃんを寝かせたりと大活躍。
たった3帖の狭いスペースですが
とても居心地のよい空間です。



ここちよい家に必要なのは
広さだけではありません。
小さな家でも、間取りを上手に考え、
家族の動線、目線、暮らし方、風や光の通り道。
目には見えないそんなちいさなことがらを
ひとつひとつ大切に丁寧にくみ上げてこそ
居心地のよい空間はできあがる。
私はいつも
そういう家つくりをしたいと考えています。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

ナチュラリノベ、オープンルーム開催。



ナチュラルリノベーションのお部屋が完成しました。
5/9(土)5/10(日)の2日間
オープンルームを開催します。


場所:埼玉県越谷市東越谷7-142-1 エンゼルハイム第2 105号室

(地図等追ってUPします)


オーナー様のご好意により、
デザイナーの好き勝手にやらせていただきました(笑)



♪リフォーム・リノベーションをお考えの方
(当日のご相談は無料です)

♪新築を検討中でマルミのデザインを知りたい方

♪なんとなく見てみよっかなーって方

♪お世話になっている地元建設業者・不動産業者様

♪いつも私のワガママ聞いてくれる職人さん方々。

♪ブログをこっそり覗いてくれている方

そしてそして
マルミスタッフと仲良しで
いつも励ましてくれるOB客様方♪


どなたでももう大歓迎です♪
皆様にお会いできるのを
スタッフ一同楽しみにしております☆☆☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

イベント情報 | permalink | comments(0)

活気。


画像の整理をしていたら出てきた
ビックサイトで行なわれた展示会に出展したときの写真。
今から約8年くらい前、なつかしー♪
ちらりと写り込むスカーフを巻いている私。
首にスカーフを巻く人種は
スッチーかICしかいないよ、笑われた思い出が(笑)



さてさて

華やかな場所とか賑やかなこととか
人がいっぱい集まる場所とか
あまり好きではないのですが
とはいえ、
活気がないのはもっとイヤだ。


20代の頃は華やかな場所が大好きで都心のど真ん中で働いた。
まもなくバブルがはじけて
華やかだった店が次々と閉店されて
空き室ばかりの暗い閑散としたビル街が増え
あんなにつかまらなかったタクシーが道にあふれて
羽振りのよかった人達が消えた。
だんだんと活気がなくなっていく様がそら恐ろしかった。
街が死んでいくように感じた。


今、私はちょっと活気がない。
やる気はあるけど、活力(?)が枯渇してるカンジ。
若さみなぎるパワーはないけど
活力ならきっとまだなんとかなる。
えいや、と勢いをつけて
活気を取り戻すべく動き出しています。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

ファインタンブルストーン。

ナチュラルインテリアDIYのカリスマ吉原理映さんの
影響で大人気のファインタンブルストーン。
おかげさまでいままでたくさん使いましたー。


キッチンにタンブルストーン。
目地はグレーでかわいすぎを調整。
グレーはいちばん人気でいつも在庫切れ。
入念な予約体制が必要。


玄関にもタンブルストーン、やっぱりグレー。
目地を白にすると、かわいいイメージ。
このときも在庫ぎりぎり、発注はまったなし。


タンブルストーンのピンクは
グレーよりもちょっと余裕あり。
とにかくラブリーなのが好き!という方におすすめ。


タンブルストーンは天然の大理石を100角にしたもの。
ロットによって柄・色・模様はほんとーに
びっくりするほど全然違うので
毎回、なにがでるかな、なにがでるかな状態。
これがほんとのナチュラルスタイル、
ご注文の際はノンクレームでお願いします(笑)

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

甘すぎないナチュラルテイスト。


最近はナチュラルテイストに
ちょっとファクトリーちっくなテイストを
MIXさせることが多くなってきました。
自然な素材を生かしてラフに仕上げるという点で
もともと相性がいいテイスト同士。
甘すぎないナチュラルインテリアに仕上がります。



シンプルな裸電球だけのエジソンランプは
とても人気があります。
シャンデリアのように器具で魅せるのではなく
電球の放つ光自体の美しさを楽しめる
素朴でなつかしい照明器具です。
ナチュラルにも、レトロにも、ファクトリーにも
どんなテイストでもあっさり受け入れる。
このこは懐が深い。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ナチュラリノベ、モロカンフレンチの部屋。


私のいちばんお得意の大人シャビーフレンチスタイルに
流行のモロッコテイストをMIXさせる予定の
ナチュラリノベのモロカンフレンチスタイルお部屋。

モロッコスタイルといえば
美しいコバルトブルーとか赤紫とか
鮮やかな色合いが特徴ですが
今回のコーディネートは
ホワイト&グレーのモノトーンでまとめた
フレンチシャビーシック系モロッコスタイル。
エスニックは好きだけど
コテコテはニガテだなーという方必見です。
私のアタマの中ではこれまた
素敵な3D画像が完成済み(笑)
おったのしみにー☆☆☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

ブリックタイルのデザイン。


「目地はぶちゅーっとね、ぶちゅーだよ」
「おう、わかってらい」
ナチュラリノベ中のマンションのリビングの壁。
職人さんがブリックタイル貼っています。
こちらは赤レンガ倉庫みたいな、
赤みが強い商品をチョイス。
いままで、もう、どんだけ使ったでしょう、ブリックタイル。
白ブリックタイルは
ナチュラルインテリアにぴったんこ。



こちらは階段ホールの壁。
段々にして、穴をあけて、タイルを貼ったデザイン。
左官を少し塗りこんで、壁から自然に浮き出たようにしました。




ブリックタイルと照明器具の組み合わせ。
タイルの凸凹感が優しい陰影をつくります。
ビーズランプの光のゆらめきも
タイルとコラボさせるとさらに美しさUP。



壁をRに施工して、白ブリックを張るのは
もはや私の定番のデザイン。
曲線の柔らかさと白ブリックの可愛らしさが
お互いを引き立てあいます。


タイルはたくさん貼ればいいというものではなく
分量、位置、面積、デザインが重要です。
装飾タイル工事は贅沢工事。
でもコストをかけた分の満足感は
かならずあります。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ナチュラリノベ、異邦人な和室。


「異邦人な和室」
タイトルは後付け、思いつきで命名(笑)
私はこてこての日本人ですが
外国人の感性で見た和室、というイメージで
コーディネートしてます。


18歳の時に1年間
海外にホームステイしたことがあるのですが
日本贔や日本文化好きのホストファミリーの家には
和家具や、刀や、掛け軸なんかが
外国人の感性でさりげなくディスプレイされていて
それは欧米的インテリアと魅惑的にMIXされていて
うゎー素敵だなぁと
18の私は強烈な衝撃をうけたのでした。

さて
不思議模様のアクセントクロスはシンコール。
フロアは黒いタタミが入ります。
スペイン製の ヴィンテージシャンデリアを吊ります。
せいの低いアンティークの和箪笥をひとつだけ置きます。
和箪笥の上には力強い雲竜柳と紅の牡丹を一輪。
花魁をイメージしたフラワーアレンジメントを生けます。
私の頭の中では3D映像が出来上がっているので
あとは完成させるだけです。



かわいくてナチュラルなコーディネートが多い私ですが
反面、こんな毒々しいのも好きです。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

- | permalink | comments(0)

ほっこり天然生活。


雑誌「天然生活」。
キャッチコピーである
“小さなこだわり 小さな暮らし”は
私の家つくりのモットーとおんなじで
勝手に親近感を持っています。
毎月出版社の方が送ってくれますので
本を買わなくてすみます。
掲載してください〜(有料)との
営業の一環と思われます(笑)
そのうちに、ばーんとマルミのおうちを載せたい。

「いとおしい食器棚」
「台所もの語り」
「かご、ざる、暮らし」
「暮らしの温故知新」
「本棚は親友」

表紙を彩るほっこりとした言葉たちに
素朴で、癒し系のキャッチにほーっとためいきをつく。
“言葉”を仕事にする人って
やっぱりすごいな。



打合せの時に施主様がご持参なさるインテリア雑誌は

「COME HOME!」(主婦と生活社)
「& HOME」(エフジー武蔵社)
「PLUS ONE LIVING」(主婦の友社)
「ナチュラルインテリアの家をつくりたい(シリーズ)」(主婦の友社)
「BON CHIC!」(主婦の友社)
「天然生活」(株式会社地球丸)

などが圧倒的です。
持参の本や雑誌には
おうちへの夢の数と同じだけ
付箋がぺたぺた貼ってあって
なんか、気持ちがほっこりします。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

かわいい造作家具。


「最近の家具はほとんど取っ手レスだからさー
こういうのつけて、っていうの、マルミさんくらいだよ」
と、笑う家具職人さん(笑)
ナチュラルスタイルの家具は
取っ手選びが楽しいのですよーだ



以前ご紹介したナチュラルスタイルのテレビボード
完成はこんなカンジになりましたー。
天板はパイン集成材、扉にはチェッカーガラスを入れて
格子を組みました。
取っ手はガラスと真鍮と組み合わせ。
3メーター超えのビックサイズのテレビボードです。



こちらも小さくて超ラブリーな可愛いテレビボード。
壁にはぬわず、置き家具です。
格子に入れたガラスを6枚、すべて種類を変えています。
まあるいアーチ型に加工した抽斗。
ピンクのハート型の取っ手。
オーダーでしかありえないデザイン。




ナチュラルスタイルの可愛いオーダー家具たち。
次はどんなのを造るかたのしみー☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

これから着工おうちスケッチ。

怒涛のバタバタがひと段落して
今週はすっかりだらーっとモードに突入〜。
しかーし
だらだらとはしていられないのです。
これから着工する現場たち。



埼玉県吉見町。
ヴィンテージ家具や雑貨が大好きな施主様の
米軍ハウス風平屋建ての家が建ちます。



埼玉県鴻巣市。
十八番の大人のナチュラルフレンチハウス。
基礎工事が着工しましたー。



千葉県流山市。
外観は大きな切り妻屋根。
リビングは無垢の羽目板をぜーんぶ貼ります。
メンズライクな内装のおうち。
地盤改良が始まります。



越谷市マンションリノベーションモデル。
内装コーディネート大詰め。
クロス、カーテン、照明、ディスプレイ小物の準備、と
頭の中がパンパン。
来月には見学会を催しまーす。


というわけでー
現場は盛りだくさんですが
ブログ更新も再開です☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

大塚家具。


お客様のおうちのスネークソファ、
お値段、200万円くらいから。
ひょえ〜


昔、お金持ちと評判のお友達の家に遊びにいったら
「ウチの家具はねぇーぜーんぶオオツカカグで買ったんだよぅー」って
鼻の穴膨らませて言ってたなーなんて、思い出した。
子供にも伝わるセレブ感だったのだろうなー。

わが町越谷市のおとなり、
くれよんしんちゃんが住む町、
埼玉県春日部市が発祥のIDC大塚家具。
東武線春日部駅前、
イトーヨーカドーの前にショールームがあります。
記名制、高いということだけは昔から有名で
入りずらさはピカいちでした(笑)
りんごひと山100円、的な超ローカルなお店が並ぶ
赤ちょうちんの連なるおしゃれじゃない商店街に
ヨーカドーの鳩さんのマークと並んで
ウン百万円の高級輸入家具を売る店があるのは
相当シュールで、なんか好きですww


私は高級家具やデザイナーズブランドの家具には
あまりこだわりません。
コーディネートの予算がなければ
レプリカだって、IKEAだって、通販だって使います。
そりゃーホンモノが素晴らしいのはわかるし
ホンモノを好きなだけ使えたら夢のようだけど
かならずあるのが予算という壁…お金…おいくらまんえん?
それを考えないですんだら
ICってどんだけ楽しいお仕事でしょ。
地元創業の大塚家具。
高級家具がたったひとつしか買えなくても
それとMIXコーディネートできるような
素敵でリーズナブルな商品もたくさんある
楽しいお店なればいいなぁと
庶民派ICは思います☆

お詫びセールとやらに
大塚家具春日部店へ行ってみよー。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

教会みたいな家、完成。


越谷レイクタウンF様邸、
昨日無事にお引渡ししました☆
グレーのタンブルストーンのかわいい玄関。


2階リビングの明るいおうちです。
キッチン&ダイニングとリビングルームは
こちら、バルコニーを臨む吹抜けのホールで
程よくセパレートさせています。


大きな窓のある東南向きのキッチン!
毎朝気持ちよく朝ごはんの準備。
私のプランニングの目線は、やはり主婦です(笑)



ここんとこずっと
住宅のプランニングをしています。
私のメイン業務は設計です。
インテリアコーディネーターの資格は
建築士を取得した後に取りました。
どちらも本業ですが、
構造や法規がからむ設計業務は
イメージだけですまない世界。
採光、通風、納まり、配管、換気経路…
楽しいな〜♪だけというわけにはいきません。

きっと誰でもそうだと思うけど
プランニングがまとまるまでは
産みの苦しみです。
敷地はひとつとして同じものはないし
施主様の間取りの要望も毎回違う。
(インテリアイメージは9割ナチュラルテイスト 笑)
プランがなかなかまとまらないと
無意識だけど私は超機嫌が悪いんだそーだ。

紙にエスキースして、スーパーキャドで大枠の外観描いて、
JWに変換して、そっからPCとにらめっこ。
またエスキースからやりなおし〜なんてのはざら。
描いては消し、消しては描く。
頭かきむしりながらずーっとその繰り返し。
昨日は12時近くまで会社に残って
うんうん苦しんでいたので今日は寝不足です。
どうか
いい子が生まれますように。


ちなみに
私の出産は医者も驚く安産体質で
あっという間にアタマでてきちゃって、
あやうく産み落とすとこでした(笑)

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(2)

ナチュラルフレンチなカーテンスタイル。


ナチュラルスタイルのおへやのカーテンは
ラフで、ゆるい、ちょっといいかげん(?)なスタイルが似合うと思う。


カーテンのコーディネートは楽しい。
でもちょっとした採寸ミスやら連絡ミスで、
あちゃーっ(泣)てなることがあるので
数センチのミスも許されない
びしーっと造りこんだカーテンプランの時は緊張します。
このスタイルは懐が深く
典型的O型のおおざっぱな私の性格にぴったりで
安心感があります(笑)


画像はレースのダブル掛け。
奥には、リーズナブルなボイルレースを
手前には奥様のお気に入りのレースを
飾るようにかけました。
アンティークの琺瑯ペンダント照明がよく似合う
ナチュラルフレンチスタイルの窓辺です。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

うれしい。


基本ヘタレなので競うのとかニガテなんですが
ブログを書き始めて早8年。
今年に入って初めて、おそるおそる
ブログランキングに参加してみたら
ぐんぐんとアクセスが伸びて
1日1000アクセスを超える日もあるようになりました。
先日は1日で1500アクセス突破−わーいうれしい♪
たくさんの人が見てくれてると思うと
ブログを書くのが楽しくなりました。
それに伴って問い合わせも増えています。
ありがとうございます♪
どんどんお問い合わせください(笑)


私は全然エレガントでもなく、
スタイリッシュでもかっこよくもなく、
混雑が大キライ、人混みがダメ、地元が大好きの
至ってフツー(?)の人間ですが
普通の暮らしと普通の毎日が楽しくなるような
ナチュラルでゆったりとした素朴な
家やインテリアをメインにつくっています。
たぶん、このスタンスはずっと変わらないと思います。


今年は、新モデルハウスの建設もひかえています。
今回も設計からインテリアコーディネートまで
トータルでおこないます。
オープニング見学会にはぜひ見にいらしてください☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

私的できごと | permalink | comments(0)

てづくりリノベ。


ナチュラリノベ現場進んでます。
中途半端なふかし壁があったので
もったいないから造りつけ本棚にしましたー。
背板に杉板を横張りしてみました。
ここから、アンティーク塗装の達人、
監督すーさんが塗装をかけます。
彼は現場監督ですが、
塗装がホントに、びっくりする程上手いんです。
アンティーク塗装は、普通の塗装と違って
アーティスト的なセンスが必要。
彼は必ずイメージ通りというか、それ以上に
仕上げてくれるので、ここはおまかせ(笑)

奥のキッチンとの下がり壁に
ステンドグラスを使いました。
ステンドグラス、っていうと
ゴージャスな花柄とかごってり模様とか思い浮かべますが
こんなシンプルに黒い枠だけのものなんかもあります。
私はそのほうが好きなので
そんなのを選んでいます。

LDKのイメージは
“NYブルックリンスタイル”
アンティークや古材を取り入れて
定番の赤いレンガの壁をフォーカルポイントにして
ぐっと明度を落とした、スモーキーカラーで
インダストリアルな空間をコーディネートします☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

モロカンフレンチスタイル。


ナチュラルフレンチスタイルのモデルハウス建設時、
コンサバトリーの床材の嵜瑤鮟Δい泙舛えて
ほんの少しだけ材料が足らなくなった。
しかも受注生産品の床材…
やばい、どーしよー、冷汗たらたら…
で、
ネットでふと目にしたこのタイル。
いいっ
これだっ
厚みもあうじゃないの〜
翌日納品もうれしい♪
で、即、購入ボタンぽちっとな。



という非常事態の諸事情により
このタイルを使ったのですが
偶然にも、これからいちばん流行りそうな予感の
「モロカンフレンチスタイル」になりました(笑)


現在工事真っ最中、
マンションのナチュラリノベ。
寝室のコーディネートはずばり
「モロカンフレンチスタイル」
まばゆい鮮やかな白をベースにして
フレンチスタイルにモロッコテイストを融合させます。
おたのしみに〜☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

血。


無垢材の木種や木の部位によって塗装の仕方を変えます。

年輪や木目や節がきれいな板目材は
あえて塗料が浸透させる塗装をして
無垢材の美しさを生かします。

さらりとした柾目材は
マットに塗りつぶして色を楽しみます。
思い通りの色に仕上がります。

木材の知識は本当に奥が深い。
私はこんなしごくあたりまえのことしか言えない。
机上で得た知識なんてなんの役にもたたない。




大工さんや家具職人さんがぼそぼそと話す
無垢の木の話を聞くのが好きです。
ナラ、マツ、ブナ、タモ、ケヤキ、クリ、スギ…
彼らはさらりと言い当てる。
そして
こいつは、クセがあるやつだ、とか
このやろー、あばれちまって使えねーとか
おい、見てみろ、この木目、いいじゃねーか、とか。
まるで精神科の医者の診断のように
まるで長年付き合った友人を語るように
無垢材の性格やクセを瞬時に見極めて朴訥と語る。

ごつごつと節くれだった手で
撫でまわすように板を触りその感触を確かめる。

ふいに、べろり、と指に唾液をつけて
板にすり込んだりする。

ひょい、と板を自分の肩の上に持ち上げて
片目をつぶって反りを確かめる。

そんな姿を見ると
あぁ、男に生まれ変わったら職人になりたい、と思う。
私の曾祖父は大工さんだったと聞きました。
なにか、血というものが
あるのかもしれません。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2015 >>

Profile

森玲子(もりれいこ)REIKO MORI

株式会社マルミハウジング 建築デザイナー
二級建築士・インテリアデザイナー・インテリアコーディネーター
住宅設計・店舗設計・家具デザイン・インテリアコーディネートまで幅広くご提案。
ナチュラルで優しさあふれる穏やかな空間つくりを得意とする。

創業40年の歴史を誇る埼玉のナチュラルスタイルハウスメーカー・マルミハウジングHPはこちらから。
http://marumi-housing.co.jp

Recent Comments

Archives