男の子のインテリア。


草加市H様邸。
元気いっぱいの男の子が2人。
おうちの撮影をさせていただきました。
BOYSのお部屋は
現在は1つとしてひろびろ使用ですがドアは2つ。
大きくなって個室が必要になったら
2つに仕切れる設計です。



おにいちゃんのお部屋はブルーが基調。
ブルーのドアとクロゼット建具。
車両のアクセントクロスは輸入クロス。
シェードも輸入ファブリックを採用。


おとうとくんのお部屋はイエローを基調。
イエローのドアとクロゼット建具。
おにいちゃんとはちょっと違う車両クロス。
ほとんど色が違うだけですが
イメージが変わります。


こちらのクロス。たかいです。
元気なBOYSが落書きしないことを祈ります…


カーテンやさんでひとめ見て気にいった
地図のファブリックでシェードをつくりました。


なぜかお子様の女の子率が高い
マルミスタッフと施主様たち。
でも
女の子のお部屋とはまたひとあじちがう
ポップで楽しい元気な男の子のお部屋です☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

赤い床と黒い床。


リビングのフロアに
赤い無垢のカリン材。
ご主人のご希望の
“かっこいいメンズの靴やさんみたいな床”

カリン材は強度、硬度ともに高く
長く使えば使うほどに
味わいを深いものにしてくれます。
また、水や白アリなどにも強いため、
美しい状態を長く保つことができます。



ご主人の書斎は黒い床。
アンティーク加工されたパイン材。
オトナの男前なイメージをご希望。

アンティーク加工されたパイン材は
本来構造材に使用される硬質のパイン。
比較的リーズナブルで
ざっくりと男前な雰囲気を演出できます。



赤い床と黒い床。
床はインテリアイメージを決める大きな要素。
無垢の床のナチュラルな美しさは
それだけでお部屋のイメージを
ワンランクもツーランクも
グレードアップさせてくれます。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(2)

雨音BGM。


本日は朝から
お客様のおうちの雑誌の撮影と取材があって
久しぶりにお伺いしました。
建築中は首も座らない赤ちゃんだった女の子が
大きくなっててびっくりです。

さて

お盆やすみですね。
たのしい休日をお過ごしと思います。
私はといいますと
ほぼずっと
誰もいない、静かな事務所で
ひとり、図面を描いています。
さみしーといえばさみしいですが
そんなにさみしくもありません。
電話も携帯もラインもおやすみにしているので
とても集中できていいかんじです。
実は、あまり集中力がないんです。
いったん集中がきれると
周りの雑音や空気感が気になって
ぜんぜん図面とかかけないタイプ。
なのでぼっち仕事が大好きです。
しとしとと雨音がBGMでした。


明日までマルミハウジングはおやすみです。
お問い合わせのお返事は
あさってからとなります。
どうぞよろしくお願いします☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

インテリアディスプレイのコツ。


木のにわとり親子とフェイクたまご。
可愛いキッチンのディスプレイ。

モデルルームなんかを造ったときに
生活の感じを演出するために
小物をチョイスしてディスプレイするのも
インテリアコーディネーター的おしごとです。
ICがディスプレイしている姿はカッコよくて
これがいちばんやりたいんです!という
雑貨好きのICたまごさんの話は多くききます。


「ブルックリンスタイルモデルルームディスプレイ」


「ナチュラルフレンチモデルルームディスプレイ」


「南欧風住宅モデルルームディスプレイ」


「モロッカン+フレンチモデルルームディスプレイ」


私は特にインテリアディスプレイについて
机上で学んだことはありません。
すべて独学でオリジナルです。
ディスプレイの基本的知識とかは
(三角の法則だの色のバランスだの)
モデルルームの設営の助手をしていたとき
先輩ICさんを手伝うフリをしながら
見よう見まねで学ばせていただきました。
それでもなんとか今までこんなふうにして
特に困ることなくやってきましたし
正解不正解があるわけでもなし
己の感覚のまんまやってます。
インテリアディスプレイで
唯一心がけていることは

考えすぎないこと

よしゃーキレイにディスプレイするぞっっと
気合をいれてしまうと
どーしてもわざとらしい感じがでて
ナチュラル感がでない。
ちょっといいかげんなくらいがかっこいい。
ときどき
きっちりとシンメトリーになった
超マジメな卓上ディスプレイを見かけると
お、お、お仏壇みたい…と
思ってしまうのでした。

ああ
たまにはタメになる記事を書こうと思ったのに
ぜんぜんタメになる内容になりませんでしたwww

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

整理収納アドバイザー。



私は建築とインテリアを生業にして
ご飯を食べてるプロでありますが
お片づけや整理整頓はその範疇ではありません。
100均のグッズを上手に使って
収納する術とかは別のお話で
そういう人のブログを見てへーとかほーとか
素直に感心しています。
おかたづけのプロ、というお仕事があるそうで
とても人気の資格なのだそう。
モデルハウススタッフじゅんこさんは
“整理収納アドバイザー1級”の資格をもつ
おかたづけのプロ。
そのじゅんこさんがマルミハウジングで
おかたづけ講座をやることになりました。
興味のある方はぜひ。
詳細はこちら→→→ ☆☆☆

「緊張して吐きそう」というじゅんこさんに
「えええっなぜ?」と聞く私。
「告知したらもう逃げられないから」とじゅんこさん。

プロのお仕事に
逃げ道はありませんwww
ふぁいとー♪

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

イベント情報 | permalink | comments(2)

ナチュラルスタイル10年前。


こちらのおうちは約10年前の施工例です。
施工時3歳くらいだった女の子は
もう中学生になりました。
当時、おうちの打ち合わせのときに
私が紙にお姫様の絵を描いてくれたのを
覚えているそうです。

ときどき何年も前の施主さまが
ひょっこりと遊びにきてくれたりします。
なによりびっくりするのは
小さかった子供達やおなかにいた子が
すっかり大きくなっちゃってることです(笑)


それにしても10年といえば
インテリアの流行はひとまわりどころか
ふたまわりみまわりするくらいの月日ですが
いわゆる“ナチュラル”と称されるスタイルは
ほとんど変わりません。
今年の施工例です、といっても不思議ではないほど
今見ても古臭さがありません。
ナチュラルインテリアというスタイルは
もうこれで殿堂入りなのだと思います。


そして
10年このスタイルでやっていますが
何か変わったことがあるとすれば
当時はめずらしかったことも
まるで雨後のたけのこみたいに
あっちでもこっちでも
同じようなものばかりでてきて
今ではごく一般的になってしまって
どーなのよって思うこともありましたが
きっと
どーってことないんだと思います。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

ナデシコピンク。


いちごみるく色のキッチンは
カウンターもピンク色。
ピンク色ほど
好きとキライが両極端に分かれる色は
ほかにはないのではないでしょうか。
好きな人はもう大好き!だし
キライな人は絶対ムリっていう。



女の子は
自我がはっきりと芽生える前の
幼児期まではピンクが好きと言い
小学生になるころになると
ブルーが好きと言う子が多い気がします。
そして高校生くらいになってくると
ふたたびピンクの時代がきたりする。
うちの娘はまさにこのパターンでしたねー。

立派な女性となってから
20代から30代はピンクから遠ざかり
モノトーンやくすんだ色を好んだりする。
ピチピチのつるつるのお肌には
グレーやベージュがとっても映えるから。

で40代。
ふたたびピンクがじりじりと目にはいる。
なぜならくすみの気になるお肌に
さらにくすんだ色を合わせると
倍ではなく2乗となってくすむのから。
そう、いわゆるババ色にみえる(笑)


“日本の女性の肌にいちばん似合う色ナデシコピンク”
というキャッチコピーの日産マーチのピンク色の車。
車にはぜんぜん興味がないけど
いいとこついてるね〜なんて思う私40代。
ピンクと女性の関係が
この先どうなっていくのか。
こわいよーな、楽しみなよーなWWW

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

インスタ10000フォロワー達成。


私は病的に凝り性なので
達成したい目標を見つけるとなんでも
じみーにコツコツもくもく続けるタイプ。
指の指紋が消えるぞ、と言われるほど
右手のヒトサシ指が関節炎になるほど
必死でアップしてきたインスタグラム。
ようやくようやくよーやく自己目標の
10000フォロワー達成しました♪
ありがとうございます☆☆☆

わーい☆
わーい^^
わーい。


………


そして
目標達成するととたんにさめるのが悪いクセが。
うーん。
次の目標は何にするかなー。


さて。


最近インスタグラムにかかりきりで
放置しがちなこちらのブログですが
久しぶりにふとアクセス解析をのぞいたら
フツーに1日に500〜1000アクセス、
多い日には3000アクセス以上あることを発見。

うそー
呆然…

更新がテキトーでとびとびにもかかわらず
見てくださる皆様
本当に本当にほんとーにありがとうございます!!!
正直もうぜんぶ
インスタに移行しちゃおっかなーなんて思ったけど
毎日こんなにたくさん
見に来てくださる方がいるなら
がんばって更新を続けていこうと思います。
ブログもインスタも両方
応援よろしくお願いします♪



んで、
取り急ぎ
ランキングぽちっとなで
がんばれーの後押しをwww
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

木と鉄となつやすみ。


オーダーデザイン品の
ロフトへあがるスケルトン階段。
鉄部を白塗装しました。
ブルーの板貼りの壁との相性もばっちり〜。


吹き抜けの手すりもデザインオーダー品。
まだ小さいお子様が落ちないように
細かいメッシュのアメリカンフェンスふう〜。

木と鉄の相性はとってもよいと思う。
てか大好きな組み合わせ。
それからアイアン製品は
ごてごてと装飾的なものよりも
こういうシンプルな方が好みだったりします。


さて。


夏休みです。
マルミハウジングでは
8/11から8/16まで夏季休暇となります。
私の予定はというと
特になしという予定ですwww
どうにもこうにも
お盆休みというヤツは苦手です。
なのですこし時期をずらして
お休みしようと思ってます。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

アンティークてんこもり。


いつもお世話になってるアンティークショップ。
ただっぴろーい倉庫の中はまさに宝の山。
すべて海外からやってきたアンティークたち。
かるく宝探しの気分。


あっち見てもこっち見ても
通路もないほどところせましと
魅力的なアンティークがてんこもり。
しかもお値段格安。
店員さんは超親切。
昨日は久しぶりに
モデル改装と某邸インテリアを探しに
行ってきました。

こういうごちゃごちゃとした中から
ココロにぐさっとくる
アンティークにめぐり合った瞬間は
ほんとにたまりません。
既製品にはない
一点ものの魅力www

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

知りたくないの。


他人にどう見られるかとか
基本的にあんま気にしないタチ。
そういう人間は
自分以外に興味がない
究極自分勝手なんだって。


そうは言っても
誰も聞いてないのに
別に知りたくないのに
耳に入ってくる情報に
心乱されることはあります。
だれだれさんがこう言ってた、
みたいな噂話的なそういうこと
耳に入ってきたりします。
雑誌に顔をだしたりすると
知らない人にディスられたりもします。


それを聞いたり見たりしたときは
ふーん、そぉかーと思うけど
まぁね、そんなもんか、
ま、そうだわな、って忘れます。
別に知りたくないの。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

私的できごと | permalink | comments(0)

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

森玲子(もりれいこ)REIKO MORI

株式会社マルミハウジング 建築デザイナー
二級建築士・インテリアデザイナー・インテリアコーディネーター
住宅設計・店舗設計・家具デザイン・インテリアコーディネートまで幅広くご提案。
ナチュラルで優しさあふれる穏やかな空間つくりを得意とする。

創業40年の歴史を誇る埼玉のナチュラルスタイルハウスメーカー・マルミハウジングHPはこちらから。
http://marumi-housing.co.jp

Recent Comments

Archives