黒い天井。


天井に黒いクロスやペイントをオススメすると
こわいーと言われることが多いです。
天井といえば白、
黒っていうのは想像できないというご意見多し。
でも
えいっ!とやってみると
意外と違和感がありません。
夜になって照明をつけると
ぼんやりとライティングがきれいで
落ち着いたお部屋になります。

画像はモデルハウスの屋根裏部屋の
インテリアコーディネート。
イメージは腹黒いオトコの隠れ家ってことで
黒い天井にしてみたWWW

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

ブログ。


モデルハウスココンフワットは
現在2部屋リフォーム中〜。


さて。


2008年
このブログを書き始めました。
根っからの凝り性な性格なので
ブログを開設するにあったって
他のハウスメーカーや
建築士さんICさんブログを徹底研究。
ほとんどが今も昔もよくある3パターン。

 嵋榮、Y様とのご契約がありました!
Y様、本当にありがとうございました!」
…内輪ウケと会社宣伝ばっかりで全然つまらん、
と思う広告ブログ。

◆嶌Fの私のランチはこれでぇ〜す♪おいし〜」
…知らん人のランチなんか興味ないし…
と思うリア充ブログ。

「配筋は200ピッチ、基礎の底盤と立上りの打継面は…」
…灰色の地味な現場写真がどわーっと、
難解で花のないブログ。

こういうブログは
ぜんぜんおもしろくないと思ったし
そういうのはいやだなーと。
どうせ書くのなら一部への内輪ウケではなく
たくさんの人にみてもらいたい。
恥ずかしながら
一時期文学の道を志し
小説講座なんかに通った過去があり笑
学んだノウハウが役に立つときがきたのです。


まずは
ターゲットをインテリア好きの女性にしぼる。
一話完結コラム書くみたいなカンジで書く。
画像は厳選してきれいなものを基本1枚だけ。
スクロールしなくても読み終わる長さにする。
長く飽きずに読んでもらうためには
“ワタシ”のいうひととなりに
興味を持ってもらわなければならんから
小出しに私生活や子育てについて書く。
さらりと読めるけどまた覗きたくなるブログ。
目指したのはそんなかんじ。

開設当時、5人くらいしかアクセスがなかったのに
だんだんと多くなってきて
初めて100人のアクセスになった日は
ひょえ〜とひとり小躍りして喜びました。
そして現在は1日平均800〜1000アクセス、
多い日には2000〜2500人もの人が
遊びに来てくれるようになりました。
今年で10年目。
時々さぼって更新なしが続いたり
インスタグラムに浮気したりと
紆余曲折ありましたが
これからも地道に地味にこつこつと
更新していこうと思います☆

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

「その先」を感じさせる間取り。


今日はめずらしく設計について。
私が設計するのはほとんど
25〜40坪程の木造専用住宅です。
あたりまえですが
図面の使いまわしは一切しません。
同じ間取りはひとつもありません。
1棟1棟すべていちから作成したオリジナルです。


プランニングでいつも心がけていることは
「その先になにがあるのかな」って
思わせる間取りにしたいということ。
トイレにドアがないとか
お風呂が家の中心にとか
そういう
前衛的で摩訶不思議な間取りではなくって
ふつうの暮らしの中の自然な動線を第一にして
“ドアの向こうはどうなってるんだろう”
って思わせたい。
そして
その先に絵になる風景をつくりたい。

よくある
1階はLDKと和室
2階には寝室と子供部屋2つ。
こういう建売住宅の4LDKという間取りは
家の中に足を踏み入れた瞬間に
ドアの向こうになにがあるか
もうぜーんぶわかってしまう。
その先にある風景が
ドアを開けなくても見えてしまう。
あーおもしろくないなぁって思う。

使いやすさが第一で
住み人が毎日の暮らしのなかで
わくわくして楽しくなる
自分のおうちだけの間取り。
まだ見ぬ暮らしの風景を想像しながら
いつも私自身がわくわくしながら
プランニングをしています。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

脱力系カーテン。

ナチュラルなお部屋の窓辺のコーディネート。
リネンの生地を四角く縫製して
共布でフックを作ってひっかけただけ。
余分な装飾は一切なし。
リネンの優しい素材感だけを生かします。

とはいえども、オーダーカーテン。
縁取りレースでさりげなく装飾(笑)




新築のおうちのカーテンといえば
レースとドレープをきっちり2枚。
寸分の狂いもなく正確に計算されて
かっちり規則正しい山ひだのついた
おりこうさんなカーテン。
ちょっとお金をかけて
バランスをつけたり、
豪華なタッセルをつけたり。
それはそれで素敵な窓辺ではありますが
ナチュラルなお部屋には
こんなふうに肩のチカラを抜いた
脱力系のカーテンも似合います。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

インテリアばなし | permalink | comments(0)

ナチュラルなエクステリアデザイン。


自分で設計してデザインした建物には
それに似合った外構にしたい。
という思いで
外構のデザインもやってます。
(マルミの建物限定、
外構デザインのみは承っていません。)
外構はおうちの額縁です。
絵と額縁がぴったりあっていたほうが何倍もステキ。


前モデルハウス外構デザイン。
ブルーグレイの木製フェンス、
白い木製パーゴラ&ベンチ。
ぜんぶオリジナルデザイン、監督MADE。
アンティークのれんがをランダムに敷いて。
主役はもちろんわさわさ植栽たち。
そして植栽の手入れをするフリをする私…
こういうナチュラルな外構がすきですが
虫さんたちはだいだいだいキライなので
逃げ腰で、恐る恐る…手をだしていますwww

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

歳をとる家。


埼玉県吉見町のK様邸の撮影。
家を造るときのコンセプトは
「とにかくシンプルに」
余計な装飾は一切なし。
ビニル製品は使わない。
天井も壁もビニルクロスはなし。
全室すべてペンキで塗装。
床にもCFとかのビニル製品一切なし。
オール無垢のフロア。
汚れるって?
汚れたら塗りなおす、
壊れたら補修する、
イコール家を大切にする、
そして愛着が増す。


“女房とタタミは新しいほうがいい”
人も物も新しいものを良しとする
そんな風潮には同調しない。
永遠に変化しないツルツルピカピカの
アンドロイドみたいな家が
そんなにいいもんか?
人はこんなにも
飽きっぽい生き物だというのに。


歳をとる家。
住み人と共に歳をかさねて
時を経て変化し、円熟味を増す
ヴィンテージハウス。
そんな考え方が私は好きです。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

季節。

不思議ちゃん次女16歳。

恋するお年頃長女18歳。

最近
子育てという季節が
無事に過ぎた気がして
うれしいような。
さみしいような。
娘たちはカラダの成長だけでなく
ココロも大人になって
私から離れていくのを感じます。


身内に頼るのが嫌だから
どんなに大変でも
自分で育てるんだ、という考え方は
私の自分勝手な自己都合であって
小さかった彼女達にとっては負担だったはず。
女性が子育てしながら
男性と同等に仕事するのは
体力的にも、精神的にも、
まだまだしんどい時代。
語れば尽きることはないけど
みっともない愚痴になるからしなーい。


さーてと。
さみしいなんて言ってられない。
私にとってこれから
自分の時間を楽しむ季節が
やってきました。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

私的できごと | permalink | comments(2)

鹿の角と古材の棚とナイキシューズと。


週末にオープンハウスを行ったM様邸。
ご主人のコレクション、NIKEシューズが
古材でラフに造った壁一面の棚に
70足どわーっと並ぶ予定。
ホンモノの鹿の角を使ったアンティークの照明が
ショップみたいな雰囲気を演出。



オークのヘリンボーンの床は
自然塗料のオスモで塗装。
艶がでてますます美しい。
ってゆーか
寸分の狂いもなくこの床を貼った
大工さんの腕にあやうく惚れそうになる笑


さて。

お客様とのやりとりには
おおまかに3パターンあります。

ひとつめは
お客様自身が考えたりチョイスして
それを忠実に再現してほしいという方。

ふたつめは
こちらから提案したものをベースにして
アドヴァイスをもらいながら一緒に決めたい方。

みっつめは
自分の希望と予算感をすり合わせたら
その後はプロにほとんどおまかせしたいという方。


家つくりに対しての考え方の違いですから
どれが正解とかはありません。
最初にお会いした感じで対応しています。
なので
自分で決めたいお客様に
提案を無理やり押し付けたりはしないし
決めてほしいっていうお客様に
自分で考えて決めてくださいとか言いません笑
そこは臨機応変です。

家つくりの考え方はひとそれぞれ。
その方にあった形で
家ができるまでの過程も
ぜひ楽しんでほしいと思っています。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(2)

撮影ですよ。


某ナチュラル系インテリアの雑誌撮影
@埼玉県伊奈町。
見開きどどーんと6ページ。


人気インテリア雑誌「&home」に連載中の
“森玲子のセンスアップレッスン”
来月号はこちらの
フレンチシックなおうちの施主様と対談形式。
顔がめちゃひきつった…み、見たくない〜


モデルハウスココンフワットでは
内装材メーカーのリリカラ様の
来期カーテンのカタログ見本帳のスタジオ撮影。



というわけで
今月は撮影が続いています。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

ちょい遠い現場。


モデルハウスアトリエ。
オトナ可愛いフレンチシックがコンセプト。



さて。

マルミハウジングの施工エリアは
埼玉県東南西部、
千葉県北西部、
東京都23区の
自社設計、自社デザイン、自社施工の
地域密着型工務店ですが
日本全国遠方からのお問い合わせを
たくさんいただきます。
ありがとうございます☆

基本的に施工区域は上記辺りですが
工期と諸条件のご相談によっては
東京都下
神奈川県の東京寄り
埼玉県東松山市近辺まで
千葉県千葉市内近辺まで

施工することができるときもありますので
関東近辺だけどちょっと遠いからなーと思う方も
問い合わせしてみてください。

と、いうわけで
来年のご予約ということで
東京都町田市の現場を請負いました。
先日調査で現場へ。
始めて訪れた街ですが
越谷から車で高速なら1時間半ほど。
あらーそんな遠くないのねーといいつつも
私はどんくさくて高速道路を運転できないので
監督のトラックの助手席か
電車で通うことになりそうです笑

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

- | permalink | comments(0)

想像と創造。


小説、漫画、雑誌、なんでも乱読。
自室の本棚に入りきれずに床に山積み。
ここ最近
読書欲がとまりません。
本ばかり読んでいます。



子供の頃自宅には
本らしきものはありませんでした。
親に絵本の読み聞かせなんてことも
してもらった記憶がありません。
歳の離れた姉の少女マンガや雑誌を
読めるようになったひらがなと
前後の文脈をつなげて
漢字やカタカナを想像して
読んでいたのを覚えています。

今も昔も
本の世界に入り込むと
時間の感覚がなくなります。
はっと気がつくと
空が夕焼けや朝焼けになっていたり
電車やバスを乗り過ごしてしまったりする。
まるで時計の針が倍速で進んだかのような
そんな不思議な感覚におちいることがあります。
頭の中ので繰広げられる本の中の仮想世界では
男性でも何歳でも外国人でも何世紀前の人にでも
人間でさえないものでも何にでもなれる。
古今東西、世界中のどこでもいけるのです。
想像力は無限で
どこまでも広がっていきます。


“食べるものなど何一つなかった戦時中
小説家たちは想像力だけで
涎がでるような豪華な食事風景を書いた”

どこかで読んだ大好きなこの言葉は
ものつくりの仕事をする上での心の礎。
実際に見たものしか表現できないなんて
そんなことは絶対にない。
想像力がすべてを創造するのだから。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

私的できごと | permalink | comments(0)

シュガー&キャンディ。


HPギャラリーに
越谷市K様邸
“Sugar & Candy Home”
アップしました。
マルミハウジングの十八番の定番スタイル
白いナチュラルフレンチの可愛いおうちです。
ぜひご覧ください☆


さて。


家を建てるときに
1度や2度は夫婦げんかが勃発するとの
おはなしをよく聞きます。
大きな買い物ですから
夫婦や親子で意見が食い違ったりするのは
当然といえば当然。
でもほとんどのご夫婦が
お互いにすごーく気を使いあい、
はなしあい、意見を出し合い、
できる部分は妥協し、納得しながら
いろんなことを決めていくのを見ると
あーいいなぁすばらしいなぁって思います。
仲良しでニコニコと幸せそうなご夫婦の姿に
いつも当てられっぱなしです。
私は私生活でも我が強すぎて
男性を圧倒してしまうことがあり
これは見習わなければといかん、と
猛省するのでしたーwww


で。


本日埼玉県草加市にて
男前インダストリアルな家の
オープンハウス開催してます。
昨日は準備に工事部4人で
夜遅くまでがんばりました…
なので本日は生きる屍になってますが笑
皆様のご来場をおまちおまちおまち
お待ちしてまーす。
(どんだけまつんだwww)

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

おしごとのこと | permalink | comments(0)

インダストリアル系男前インテリアの家。


ランダムに欠けたブリックタイルの壁。
芸術的に美しいオークヘリンボーンのフロア。
私は基本的にフェイクがきらい。


さて。


男前インテリア、男前、男前、オトコマエ。
最近とーってもよく聞くワード。
定義があいまいで、安心感のある便利な言葉。
これって男前インテリアなのか?って
思う家の画像も多い。
なので、安心して使おうと思います。

今週土日は埼玉県草加市にて
“インダストリアル系男前インテリア”の家の
オープンハウスを行います(笑)


       記

日時  9月9日(土)9月10日(日)2日間限定。
    AM10:00〜PM5:00

場所  埼玉県草加市青柳5-18-13
    (スーパーベルクス裏)
    ※弊社立て看板がありますがわからない場合は
     ご遠慮なくお電話ください
    0120−85−0402


こちらのおうち当初は
マルミの企画建売住宅
「塩系ジェンダレスインテリアの家」
の予定でしたが建築前にご契約となり、
施主様ご希望する
「インダストリアル系男前インテリアの家」
になりました。
インテリアコーディネートのチカラで
男前にも女前にもジェンダレスにも
自在に変化するからおもしろいのでーす。


マルミハウジングでは
年に数棟ですがとてもオトクな建売住宅を
販売することがあります。
おしゃれなおうちがほしいけど
注文住宅は予算的に不安で…という方は必見です。
さぁ今週土日は草加市へGO。
名物草加せんべいをご用意してお待ちしてますwww

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

イベント情報 | permalink | comments(0)

ガラスの仮面。


ガラスという素材が好きです。
いろんな種類のガラスがありますが
無色で透明でシンプルなガラスが
いちばん好きです。



※画像はお借りしています

「ガラスの仮面」という漫画が好きでした。
驚愕すると人物の目がまっしろになるやつです。
インテリアの展示会とかかっこいい個展とかは
めったにいかないのですが
昨日まで銀座でガラスの仮面の個展が
やっていたと知り
これは行きたかった…と無念ナリ。

単行本を全巻そろえていましたが
なんせものすごい長編で(現在50巻)
実家を出るとき泣く泣く処分し
そして数年後やっぱり読みたくなって
大人買いして全巻揃えたけど
やっぱり邪魔で再度売るという
お金と労力の無駄使いをしましたー笑
そして最近
また全巻読破したい欲望がうずうずと…
3度目の正直か。

子供のころの将来の夢は
マンガ家になることでした。
もしこれから好きな職業につけるとしたら絶対
目がきらきらひかる女の子が主人公の
ベタな少女マンガ家になりたいです。


ふとガラスつながりで思うことを徒然と。

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

私的できごと | permalink | comments(2)

自己反省ブログ。


青いタイル、ステンレスのキッチン。
ヘリンボーンの床にブリックタイルの壁。
ヴィンテージスタイルの
完成まじかの現場。


さて

まだまだ自分
甘いなーと思った出来事があった。
ひどい裏切りに
久しぶりに頭にカーッと血が昇ったけど
なんだかすぐアホらしくなって
相手にというよりも
自分の甘さにがっくりきた。

もっと若いときは
頭に血が昇ると後先考えず
ぎゃーぎゃーやってしまうタイプでしたが
(ケンカっぱやいというか…)
今回はすぐに冷静になって
自分自身の甘さを痛感したので
まー成長の糧と考えようと思います。
そして
怒りという強くて激しいパワーは
デザイナーとしての仕事で
昇華させようと思います。

本日
意味不明の自己反省ブログ。
お付き合いいただきまして
ありがとうございましたー。
(画像と本文は関係ありませーん)

ブログを読んでいただきありがとうございました。
お帰りの際にポチっと応援クリックをお願いします。

私的できごと | permalink | comments(0)

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Profile

森玲子(もりれいこ)REIKO MORI

株式会社マルミハウジング 建築デザイナー
二級建築士・インテリアデザイナー・インテリアコーディネーター
住宅設計・店舗設計・家具デザイン・インテリアコーディネートまで幅広くご提案。
ナチュラルで優しさあふれる穏やかな空間つくりを得意とする。

創業40年の歴史を誇る埼玉のナチュラルスタイルハウスメーカー・マルミハウジングHPはこちらから。
http://marumi-housing.co.jp

Recent Comments

Archives